デイヴ・グロールとグレッグ・カースティン、ピンクやベック、カレンOをゲストに特別公演開催

ツイート

2020年より毎年この時期、ユダヤ教のハヌカ祭を祝い、ホーム・スタジオで行うセッション<The Hanukkah Sessions>を公開しているフー・ファイターズのデイヴ・グロールとプロデューサーのグレッグ・カースティンが、今週月曜日(12月5日)、米ロサンゼルスのクラブで特別公演<Hanukkah Sessions ‘Live at Largo’>を開いた。

◆関連画像

記念すべき<The Hanukkah Sessions>初のライヴは、グロールがドラム、カースティンがキーボードをプレイし、ピンク、ベック、ヤー・ヤー・ヤーズのカレンO、テネイシャスDのジャック・ブラックら、ユダヤ系のアーティストたちをゲストに迎え、わずか250人収容の会場で行われた。

『Variety』によると、ステージに立ったピンクは「私の名前はアレシア。ユダヤ人よ」と自己紹介していたという。

この夜の演奏曲は以下のとおり。

   ◆   ◆   ◆

「Spinning Wheel」(ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ) with ジャド・アパトー
「Get the Party Started」(ピンク) with ピンク
「The Things We Do for Love」(10cc)with イナラ・ジョージ
「At Seventeen」(ジャニス・イアン)with ヴァイオレット・グロール
「E-Pro」(ベック)with ベック
「Heads Will Roll」(ヤー・ヤー・ヤーズ)with カレンO
「The Spirit of Radio」(ラッシュ)with ジャック・ブラック
「I Love L.A.」(ランディ・ニューマン)
「Just a Gigolo / I Ain't Got Nobody」(Louis Prima)with カイル・ガス

   ◆   ◆   ◆

ライヴの収益はアメリカで最大のユダヤ人団体Anti-Defamation League(名誉毀損防止同盟)へ寄付されるという。

<The Hanukkah Sessions>は通常、グロールとカースティンのふたりにより、カースティンのホーム・スタジオで開催されている。

Ako Suzuki





この記事をツイート

この記事の関連情報