【ライブレポート】Saucy Dog、ハルカミライを迎えた対バンツアー<SUNNY BOX>ファイナルで「気持ちいいー!」

ツイート
no_ad_aritcle

Saucy Dogが10月25日の横浜・KT Zepp Yokohama公演を皮切りに、全国11公演の<対バンツアー2022 SUNNY BOX>を開催した。ジャンルも世代もさまざまな相手と熱いライブを繰り広げた同対バンツアーのファイナル、12月7日の東京・Zepp DiverCity公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。

◆Saucy Dog × ハルカミライ 画像

各地で激アツな対バン相手を迎えたツアーで、Saucy Dogがファイナルの対バン相手に選んだのは、音楽性こそ違えども、互いに長くシンパシーを感じ合い、親交をあたためてきたハルカミライ。Saucy Dogは2021年に行った日本武道館での対バンイベントでも彼らに出演を依頼している。バンドマンならば記念すべき“武道館初ステージ”は自身のワンマンで達成するのが本望であるはずのところを、ハルカミライは他ならぬ盟友からの依頼に迷いなく出演を快諾。素晴らしいライブを繰り広げたことも記憶に新しい。今回のツアーファイナルではそんな2組が“対バン”の意義をあらためて強烈に突きつけるような、素晴らしくエモーショナルなライブを見せてくれた。





先手はハルカミライ。序盤から「ファイト!!」「カントリーロード」、そしてまた「ファイト!!」へとシームレスにパンキッシュなロックサウンドで飛ばしまくる彼ら。「俺達が呼んでいる」に差し掛かる頃には、橋本学(Vo)や関大地(G, Cho)が縦横無尽にステージを動き回るせいでマイクやギターのコードがぐちゃぐちゃに絡み合い、さすがに「ちょっと待って」と一瞬演奏を中断。しかし即座に「“ラムネは瓶がいい”のとこから4カウントで始めて」と演奏再開。さらにアグレッシヴなバンドサウンドが展開されていく。そのテンポの良さもライブだ。ハルカミライのライブは常にこうした生のドキュメンタリーを見せる。その時のテンションによって、まるで音楽が生き物のように予測不能な形で展開していく。そんな激情の“ライブ”では学のMCもグッとくる。

「2017年9月17日、あいつらは俺達を対バンに呼んでくれて」と、Saucy Dogとの出会いを語り、「だから俺たちは一番の古参のサポーターです」と、Saucy Dogに対する変わらぬ愛とリスペクトを言葉にした。


そして「ピンクムーン」で力強くあたたかい歌声を届けながら、「音楽のカッコよさって何だと思う?」と問いかけ、「それはやさしさだよ」と続けたのにもグッときた。「こんなギュウギュウのライブハウスに慣れていないやつもいる。でも乱暴に教えてやるんじゃなくて、やさしく教えてあげよう。ライブハウスって超楽しい場所だって。この2マンで!」というメッセージは、この日、音楽性の違う2バンドが共演する意義の表明でもあったと思う。

さらに、学は畳み掛けるように「音楽で心躍らせて、“魔法にかけられて”、なんだかわからない、胸に抱えたモヤモヤを“ゴーストバスター”して、今日は打ち上げもあるから旨いメシ食って飲んで、0時をまわって“シンデレラボーイ”になって帰ります」と、Saucy Dogの名曲タイトルを引用した粋なMCで会場を沸かせた。



終盤は、自在に暴走する「Tough to be a Hugh」のロックサウンドでさらに観客を引き込み、メロディの良さを噛みしめるような「21世紀」からバンドサウンドが思い切りドライヴする「ウルトラマリン」へ。さらに魂そのものの歌「世界を終わらせて」と緩急自在なライブ運び。

とびきり感動的だったのはラスト曲だ。Saucy Dogの「結」のサビを一節歌って、学は「いい曲ばっかじゃねえかよ、あいつら」と口にした。そしてその歌を自然にハルカミライの「アストロビスタ」につなげると、“眠れない夜に俺は Saucy Dogを聴くのさ”と歌詞を替えて会場を沸かせる。“サテライト小さな光 分かるかい 分かってほしい”と歌うこの曲が、終盤に再び「結」へとつながり、“声をかけたのは僕の方から 格好悪いとこも嫌いじゃないよ”と歌詞を絶妙にアレンジして、Saucy Dogへのあたたかなメッセージとして響かせたのにも胸が熱くなった。そして学が「Saucy Dog! みんなが、オマエらのことを待ってるよ!」と言葉にすると、ラストはまた「アストロビスタ」の大サビへ。メンバー全員のコーラスが力強いユニゾンのハーモニーを生み出し、会場中の腕が突き上げられる。そして「ライブハウスは1人残らず、全員が輝ける場所。このあとも楽しんで帰れ。ハルカミライでした」と、濃密なエネルギーを満たしたままステージをあとにした。




続いてはSaucy Dog。おなじみのSEをバックに、いつものようにせとゆいか(Dr, Cho)、秋澤和貴(B, Cho)、石原慎也(Vo, G)の順にステージへ。しかしハルカミライのあのステージのあとゆえ、この日のライブは熱を帯びること必至。1曲目の「リスポーン」から、石原のボーカルは力強いシャウトを聴かせ、予想を超える熱量で音を放っていく。それでいて、Saucy Dogの持ち味である、しっかりと歌を聴かせて没入させるというスタイルはそのままに。

続く「君ト餃子」がとても有機的なハーモニーを響かせると、「シーグラス」ではぐいぐいとドライヴしていくようなバンドサウンドにフロアのハンドクラップも大きくなる。「404. NOT FOR ME」でもロックバンドとしてのグルーヴが際立ち、演奏後にせとは思わず「気持ちいいー!」と口にした。石原はフロアの反応を直に感じるためか、「今日はもうイヤモニいらない。ごめんなさい」と、早々に外してしまった。そのせいもあってか、この日のライブはとても生々しく熱いものとなっていく。




せとは改めて、今回のツアーファイナルの対バン相手にハルカミライを選んだことに言及し「同世代で一番かっけえと思っているバンド」と言えば、石原も「メンバー3人一致の意見」と続ける。そしてせとは、「負けたくないなと思うので、違う手札で一生懸命戦っていきたい。出てくれてほんとにありがとう」と告げた。その言葉をステージ袖で聴いているハルカミライのメンバー。せとは思わず「しゃべりづらい(笑)」とひとこと。そんなリラックスムードのMCにも熱い想いが見え隠れし、そのエモーションは演奏に、歌に表現されていく。

「雀ノ欠伸」では石原は珍しいほどに観客を煽り、“明日声が枯れるのも厭わない”とでもいうように全身全霊の歌を響かせる。その熱がフロアにも伝わり、 演奏後の拍手も、思わず漏れる歓声もどんどん大きくなっていく。「実は喉の調子に不安を抱えていた」と石原はその後のMCで語っていた。しかし病院で「がなっても大丈夫」と医師のお墨付きをもらったことを明かし、石原はギミックなしのむき出しの歌声で観客を魅了する。

「シンデレラボーイ」ではアルペジオからカッティング、そしてソロへと展開するギターサウンドが、いつにも増してロックバンドとしての存在感を見せつけていた。一方「東京」では切なくも美しいファルセットに耳を奪われ、続く「メトロノウム」は圧巻のアンサンブルだった。3ピースサウンドがロックの衝動を生々しく描き出し、「雷に打たれて」では客席のクラップも最高潮に膨れ上がり、ギターをかき鳴らす石原の佇まいはまるでギターキッズのようだった。



そして「今、俺たちが一番歌いたい歌」と言って始まった「ノンフィクション」は、彼らの音楽への純粋な情熱が豊かなアンサンブルに昇華されたかのような見事な演奏だった。ラスト2曲はコードストロークひとつにもありったけの想いがこもるかのような「いつか」。とても丁寧に、けれど最高にエモーショナルに石原は歌を届けた。そして「みんな自分らしく楽しめた? これからも自分らしく生きていきましょう」と言って始まった「Be Yourself」。ゆったりとしたロックのグルーヴがバンドの充実感を表していた。とても素晴らしい“対バン”の大団円だった。

“対バン”とは互いに触発し、触発され、また新たな景色を見るためにあるものだと思う。この日の両者はまさにそんな理想的な“対バン”を見せてくれた。それぞれがそれぞれの音楽に憧れ、リスペクトし、パフォーマンスに化学反応が起こる。これこそが対バンの醍醐味だ。この2組の対バンは、この先両者がどんなに大きな存在になったとしても時々観たいと思う。どんなに音楽性が違っていようとも、根っこのアティチュードの部分でつながるSaucy Dogとハルカミライは、これからも最上の友であり、最大のライバルであり続けるのだろう。


取材・文◎杉浦美恵
撮影◎白石達也

■新曲「現在を生きるのだ。」

2022年12月9日(金)デジタルリリース
試聴予約:https://Saucy-Dog.lnk.to/Ima_wo_Ikirunoda_pre


■ライブ映像作品『Saucy Dog ARENA TOUR 2022 “Be yourself”2022.6.16 大阪城ホール』

2023年1月11日(水)リリース
【Blu-ray】AZXS-1040 ¥7,700(tax in)
【DVD】AZBS-1071 ¥6,600(tax in)


01. BLUE
02. メトロノウム
03. 煙
04. シーグラス
05. 雀ノ欠伸
06. 真昼の月
07. Be yourself
08. シンデレラボーイ
09. 今更だって僕は言うかな
10. 魔法にかけられて
11. 煙草とコーヒー
12. いつもの帰り道
13. 結
14. ノンフィクション
15. リスポーン
16. 雷に打たれて
17. ゴーストバスター
18. 優しさに溢れた世界で
19. バンドワゴンに乗って
20. 猫の背
encore
en1.いつか
en2.グッバイ
▼特典映像 Memory of「ARENA TOUR 2022 “Be yourself”」
・「ナイトクロージング」(6/9 日本武道館)
・「東京」(6/10 日本武道館)
・「マザーロード」(6/14 日本ガイシホール)
●先着予約購入特典●
・タワーレコード:オリジナルポストカード(タワーレコード ver.)
・Amazon.co.jp:オリジナルポストカード(Amazon.co.jp ver.)
・Saucy Dog Online Shop:オリジナルポストカード(Saucy Dog Online Shop ver.)
・一般CDショップ:オリジナルポストカード(一般CDショップ ver.)

■先行上映会『Saucy Dog 劇場版 “Be yourself”』
日時:2022年12月29日(木) 15:00 開演
会場:後日発表
料金:3,000円(全席指定/税込)
※3歳以上有料/3歳未満で座席をご使用の場合は有料
※プレイガイドでチケットをご購入の際は、チケット代以外に各種手数料がかかります。
https://liveviewing.jp/saucydog-beyourself/

■<Saucy Dog HALL TOUR 2023>

1月13日(金) 島根県民会館 大ホール
open18:00 / start19:00
(問)YUMEBANCHI(岡山) 086-231-3531
1月14日(土) 島根県民会館 大ホール
open17:00 / start18:00
(問)YUMEBANCHI(岡山) 086-231-3531
1月21日(土) 寒河江市市民文化会館
open17:00 / start18:00
(問)EDWARD LIVE 022-266-7555
1月28日(土) 静岡市民文化会館 大ホール
open17:00 / start18:00
(問)サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999
1月29日(日) なら100年会館
open17:00 / start18:00
(問)GREENS 06-6882-1224
1月31日(火) 神戸国際会館こくさいホール
open18:00 / start19:00
(問)GREENS 06-6882-1224
2月04日(土) 北陸電力会館 本多の森ホール
open17:00 / start18:00
(問)キョードー北陸 025-245-5100
2月05日(日) 新潟テルサ
open17:00 / start18:00
(問)キョードー北陸 025-245-5100
2月17日(金) 大宮ソニックシティ 大ホール
open18:00 / start19:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
2月19日(日) まつもと市民芸術館
open17:00 / start18:00
(問)キョードー北陸 025-245-5100
2月23日(木) 岡山市民会館
open17:00 / start18:00
(問)YUMEBANCHI(岡山) 086-231-3531
2月25日(土) 広島文化学園HBGホール
open17:00 / start18:00
(問)YUMEBANCHI(広島)082-249-3571
2月26日(日) 熊本城ホール メインホール
open17:00 / start18:00
(問)キョードー西日本 0570-09-2424
3月04日(土) 岩手県民会館
open17:00 / start18:00
(問)EDWARD LIVE 022-266-7555
3月05日(日) 仙台サンプラザホール
open17:00 / start18:00
(問)EDWARD LIVE 022-266-7555
3月11日(土) 名古屋センチュリーホール
open17:00 / start18:00
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
3月12日(日) 名古屋センチュリーホール
open16:00 / start17:00
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
3月17日(金) 神奈川県立県民ホール
open18:00 / start19:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
3月27日(月) 香川 レクザムホール 大ホール
open18:00 / start19:00
(問)DUKE(高松)087-822-2520
3月28日(火) 高知県立県民文化ホール オレンジホール
open18:00 / start19:00
(問)DUKE(高知)088-822-4488
3月30日(木) 松山市民会館
open18:00 / start19:00
(問)DUKE(松山)089-947-3535
4月08日(土) 旭川市民文化会館 大ホール
open17:00 / start18:00
(問)WESS info@wess.co.jp
4月09日(日) 札幌文化芸術劇場 hitaru
open17:00 / start18:00
(問)WESS info@wess.co.jp
4月13日(木) 大阪 オリックス劇場
open18:00 / start19:00
(問)GREENS 06-6882-1224
4月14日(金) 大阪 オリックス劇場
open18:00 / start19:00
(問)GREENS 06-6882-1224
4月16日(日) 福岡サンパレス
open17:00 / start18:00
(問)キョードー西日本0570-09-2424
4月17日(月) 福岡サンパレス
open18:00 / start19:00
(問)キョードー西日本0570-09-2424
4月27日(木) 東京国際フォーラム ホールA
open18:00 / start19:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
4月28日(金) 東京国際フォーラム ホールA
open18:00 / start19:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
5月01日(月) 東京ガーデンシアター
open18:00 / start19:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
5月02日(火) 東京ガーデンシアター
open18:00 / start19:00
(問)DISK GARAGE 050-5533-0888
▼チケット
5,500円(税込)


この記事をツイート

この記事の関連情報