2023年1月のDAM HOT!アーティストは酔シグレ、パーカーズら5組

ツイート

カラオケDAMが、今、熱い!アーティストをマンスリーでレコメンドするDAM HOT!
カラオケプレイリスト等で展開するDAM HOT!アーティストたちをBARKS独占で一挙ご紹介。

   ◆   ◆   ◆

■酔シグレ「Minstrel」


【プロフィール】
ダークでクラシカルな世界観が魅力の、2021年2月始動の音楽ユニット。作詞作編曲・歌唱を担当する香音(KANON)のみが固定メンバーであり、作品ごとにさまざまなクリエイターやfeat.アーティストが参加する。ボカロPとしても活動しており、2022年春のボカコレルーキーランキングでは約3000作品中39位を獲得。製作楽曲が半年でYouTube100万再生を達成するなど、作曲家としても活動の幅を広げている。


1st Full Album『吟遊詩人の置き手紙』
Now On Sale


「100年に勝る一瞬を…」
2022年12月23日リリース、酔シグレ1st Full Album『吟遊詩人の置き手紙』のタイトル曲。12曲で1つの物語になっているこのアルバムは、“世界観“を重視する酔シグレが初めて挑戦した「劇場型フルアルバム」である。この曲を歌うのは主人公・詠のfeat.を担当するシンガー本宮瑠華と、旅人・時雨役を務める酔シグレ・香音(KANON)。「自分の曲が誰かの人生を少しでも満たすものであってほしい」「音楽は色褪せないメッセージである」という酔シグレの活動の信念が、作品内のキャラクターとリンクして綴られている。神秘的でクラシカルかと思いきや、グルービーでイマドキのサウンドも合わせ持つ、酔シグレならではのサウンドに注目してお聴きいただきたい。




■パーカーズ「君が好き」


【プロフィール】
POPS日本代表パーカーズ! 2021年3月結成。
結成からわずか1年ながら、今年3月に公開したバンド初のMV「Goodbye」が1万回再生を突破、「ONSEN」がテレビ東京 土曜スペシャル「ニューヨークの入浴旅」テーマソングに起用されるなど1度聴いたら頭から離れないキャッチーなメロディーとボーカルが特徴の4人組バンド。


1st mini album『君に会えるならどこへだって』
Now On Sale


「君が好き」どこが口ずさんでしまうメロディとストレートな歌詞が必聴の一曲! POPS日本代表パーカーズから送る今一番熱いPOPなラブソング! 今は隣にいない大切だった人への想いを歌った歌詞にも注目! あなたの大切な人を思い浮かべて聞いてみてください!





■Appare!「ぱ ぴ ぷ ぺ POP!」


【プロフィール】
7人組アイドルグループ。2020年7月に「天晴れ!原宿」から「Appare!」に改名。今年の9月19日に行った日比谷野外音楽堂でのワンマンライブはチケット完売で大成功を収め、次なる目標が日本武道館であることを発表。とにかく楽しいライブパフォーマンスに定評があり、新曲「ぱ ぴ ぷ ぺ POP!」がTikTokで大流行するなど、今最も勢いのあるライブアイドルとして注目されている。


3rd ALBUM『Appare!Future』
Now On Sale


聴いて楽しい、観ても楽しい、歌って楽しい、踊って楽しい! とにかく色んな「楽しい」を体感出来る1曲です。どこを切り取っても最高に楽しくてPOPな曲になりました。そして1度聴いたら頭から離れずクセになるメロディーや、TikTokでも沢山の方に踊っていただいてる、楽しい振付けにも注目して下さい! メンバー考案で可愛くて楽しいMVも作ったので、そちらもぜひ観てください。







■START TO BLING「Pride」


【プロフィール】
自らが殻を破り「輝き出す」ことで多くの人にその輝きで希望を与える、ボーカルの茉莉奈とギター&サウンドプロデューサーのHaKAからなるロックユニット。キャッチーさの中にヘヴィなグルーヴが共存したロックな楽曲を展開し、聴くもの全ての人に「殻」を破るキッカケを与える。


2nd E.P「RESONANCE」
Now On Sale


洋楽好き、アニソン好きもハマる曲「Pride」。ヘヴィなギターに芯のある茉莉奈の歌がクセになる。MVには若手映画監督・谷口雄哉が担当し、キャストは若⼿⼥優・中澤実子、次世代7人組ダンス&ボーカルユニット・原因は自分にある。の桜木雅哉が出演し話題に! それぞれが抱える「Pride」についてのストーリーを想像しぜひお聴きください!







■小野雄大「最愛」


【プロフィール】
1990年生まれ、新潟県出身。関東を中心に活動するシンガーソングライター。
2021年スガシカオツアーオープニングアクトに抜擢。2022年12月「くしゃくしゃに笑えベイビー!」全国発売。情景の浮かぶメロディーや歌詞、柔らかくも芯のある声は聴く人の心に触れ、全国各地でリスナーを増やしている。弾き語りのほかバンドセット形態もあり。CM・楽曲提供など広範囲に活躍中。


ミニアルバム『くしゃくしゃに笑えベイビー!』
Now On Sale


はじめてのカラオケ入りとても嬉しいです。「最愛」はサビが3回続きますが、徐々に歌に熱が入り、最後3回目で最高潮を迎えるところが“キモ“になっています。歌詞では、1番で「愛はへこたれない」と人から教えてもらって、2番から今度は自分が相手に「心配するなよ」と歌います。ぜひ、大切な人に元気を出して欲しい時に、3回目のサビでぜんぶ吹き飛ばすくらいの勢いでおもいきり「くしゃくしゃに笑えbaby!」と叫んでください!




◆カラオケDAM トップページ
この記事をツイート

この記事の関連情報