YOSHIKIとオーディションメンバーらが天国のYOSHIに捧げるパフォーマンス、「XY」映像公開

ツイート
(C)NTV

YOSHIKIと彼がプロデュースするバンド&ボーイズグループオーディション<YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X>のオーディションメンバーらが12月28日、日本テレビ系で放送された特別番組『発表!今年イチバン聴いた歌~年間ミュージックアワード2022~』に出演した。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆関連動画、画像

   ◆   ◆   ◆

28日、日本テレビ系で放送された『発表!今年イチバン聴いた歌~年間ミュージックアワード2022~』にて、11月に急逝したボーカルYOSHIの歌声とともに、YOSHIKI、オーディション審査員も務めるダンサーのTAKAHIRO、kazuki(s**t kingz)、そして<YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X>オーディションメンバー11名が一夜限りのスペシャルステージを披露。会場にはYOSHIの母親も来場し、冒頭で「YOSHIKIさんが言っておられた“NOTHING IS IMPOSSIBLE”というのを心に強くとめて、できないことは何もないと果敢に挑戦しておりました。成長させていただいてありがとうございました」とYOSHIKIに感謝を伝えた。

その後まるでYOSHIがその場で歌っているかのような臨場感ある映像が大スクリーンに映し出され、ステージにいる全員が、天国にいるYOSHIに向けて魅せた全身全霊、魂揺さぶる圧巻のパフォーマンスは、大きな感動を呼んだ。

YOSHIKIが作詞・作曲を手掛け、YOSHIが一部ボーカルを入れたまま未完成であった「XY」は、クラシック、ロック、ダンスミュージック……とまるでYOSHIの駆け抜けた人生を体現するかのように躍動しながら変化していく、壮大な楽曲へ進化を遂げていた。YOSHIKIはピアノ、ギター、ドラムで圧倒的なパフォーマンスを披露し、そして曲のラスト、ステージに響くYOSHIの声と、YOSHIKIの唯一無二のピアノの音色は、深く静かに視聴者の涙を誘った。

またパフォーマンス前に流れたドキュメントVTRのナレーションは、YOSHIと映画で共演以来、親交を深めてきた菅田将暉が務め、世界的ダンサーであるTAKAHIRO、kazuki、そしてバンドメンバー、ダンスボーカルグループ計11名のネクストスターという、短くも濃厚な時間を共に過ごした仲間たちが天まで届けと感情をさらけ出した大迫力のステージは、まさに最強のパフォーマンス。

<YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X>が開始して約1年。前代未聞のこのオーディションプロジェクトは、プロデューサーであるYOSHIKIの手により最強のチームとして、完成されつつあることが証明された時間だった。

(C)NTV

(C)NTV

SNSでは、「凄かった魂の歌。全力のパフォーマンス。感動。涙腺崩壊。この歌聞けただけでこの番組見た価値はあった」「YOSHI本当にいるみたいだった。お母さまが嬉しそうにステージを見てたのが印象的だった」「YOSHIKIもみんなも全身で演奏してて、本当に楽しそうで、きっとここにはYOSHIもいて。見ててずっと鳥肌が立っていた」「魂の叫びが聴こえた気がして震えた」「泣きました。私も天国に行くまでの時間を一生懸命生きようと思いました」など、多くの感動の声が溢れた。

そしてパフォーマンス後、YOSHIKIは「僕らは天国に行けないけど、YOSHIに会えるその日まで、YOSHIの分まで全力で生きて、YOSHIの夢を一つずつ叶えようと思います」と語った。

YOSHIの夢を叶えるためにも、そして遺族の想いに応えるためにも、前に進むことを決断した<YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X>は、現在新しいボーカリストの審査を進行している。地上波の衝撃的なステージでお披露目となったオーディションメンバー。バンド&ダンスボーカルグループとともに最終的なデビューメンバーはどうなるのか。 今後も目が離せない。

なお、このスペシャルステージは、<YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X>公式YouTubeチャンネルで公開されている。


   ◆   ◆   ◆

『YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X』

オンライン動画配信サービス「Hulu」にて独占配信
(年明けの配信開始日は公式サイトにて後日発表予定)
日本テレビ系『スッキリ』でも随時最新ニュースを放送

この記事をツイート

この記事の関連情報