【ライヴレポート】KIRITO、ツアー<THE CREATING REAL WORLD>完遂「またここで約束します」

ツイート
no_ad_aritcle

2022年、ソロワークを本格始動したKIRITOは、長年Angeloで実践してきた楽曲制作およびライブ活動のペースを緩めることなく邁進中だ。11月にアルバム『NEOSPIRAL』をリリース、同月よりツアー<KIRITO Tour 2022-2023「THE CREATING REAL WORLD」>をスタートしつつ、あいだに自身初のディナーショーを開催するなど実に意欲的。濃密な1年間を過ごしてきた彼が、2023年1月7日および8日、東京・Spotify O-EASTにて<THE CREATING REAL WORLD>のファイナル公演を行った。

◆KIRITO 画像

ステージには『NEOSPIRAL』の巨大立体モチーフと、それを囲むかのごとく菱形にトラスが組まれている。最後方に配置された大型LEDは華麗な映像効果を演出するなど豪華、ファイナルを飾るにふさわしい舞台が整った。


そしてライヴは最新アルバム『NEOSPIRAL』と同様、12曲が収録順に繰り広げられていく。リード曲「Discord」をはじめ、攻撃力の高いナンバーの連打はライヴの場で本領発揮する楽曲そのもののポテンシャルを改めて実感させるもの。本編終盤に投入された既存曲「Clue」「Aim」といったヘヴィチューンも過去最大の威力を発揮。それらはサポートを務める海(G/vistlip)、JOHN(G)、Masa(B/NOCTURNAL BLOODLUST)、Allen(Dr)といったメンバー個々の力量の高さとバンドとしての一体感があってこその再現性の高さでもある。

中盤でのバラードナンバー「雫」、それに続くKIRITO自身のことが描かれた「Storyteller」の流れが胸を打つ。これまで幾度も新たな道を切り開いてきたKIRITOだが、“いつも信じてくれるあなたがいたから、いくつもの選択肢の中でここに立つことを選んだ”というメッセージが、そこに込められているようだった。さらに、本編ラストナンバーとなった2006年発表の「TEAR」では“君がそこに確かにいるなら やっと先に進める気がして もう迷わず唄える気がして”と歌った。それはKIRITOの胸にある大切な人たちへの思いが変わらないことに加え、17年の時を“君”と共に積み重ねて、より確かな存在となっていることの証でもある。同曲「TEAR」では大型LEDに、2022年に発表してきた楽曲たちのミュージックビデオを組み合わせた映像が映し出されるというドラマティックな演出もあった。


なお、前述したようにKIRITOはAngelo時代の活動のペース同様のスピード感でソロに臨んでいる。ちょうど1年前の1月8日および9日は同会場でAngelo活動休止前ラストツアーのファイナル公演を開催しており、KIRITOは「DECIDE」を歌う直前にこう話した。

「あれからもう1年。不安だったり、どうしたらいいかわからないという気持ちの人が多かったと思いますが、今は安心していると思います。どんな時であれ、KIRITOは有言実行の男として、必ず言ったことは現実にします。そうやって生きてきました。だから大丈夫。これから先ももっと攻撃的で、君たちにとって当たり前の居場所をどんどん作っていくからね。またここで約束します。いつでも決断と、そこからの現実が大事ですから、ここで深い決断を歌います」──KIRITO

さらに、「来年、再来年、振り返った時にKIRITOについてきて良かったと、そんな自分が誇らしいと、そう全員に思わせることを約束します。これからまた命懸けで戦っていきます。同時に楽しみながら素敵な景色を作っていきますので、ついてこいよ。最大の愛と感謝を込めて」という言葉から、雲が流れる青空とツアータイトル<THE CREATING REAL WORLD>が大型LEDに映し出される中「EXIT」を歌い終えると、胸に手を当てフロアを見渡し、最後に拳を固く握り締めて頷くKIRITOの姿が印象的だった。


ツアー<THE CREATING REAL WORLD>開催に際してKIRITOは、「いろいろなことが証明されると思う」と話していたが、アルバム『NEOSPIRAL』に象徴される攻撃性、50歳という年齢に逆行したハードなステージ、ソロでありバンドであること、名義が何であれKIRITOはKIRITOであること、ファンへの深い愛情など、多くのことを証明してくれた。そしてツアー中、“概念/GAI-NEN”という言葉が半ばネタのように多用されてきたが、実際のところ、それは真理だと言い換えることができる。数々の証明は、KIRITOという概念を全国ツアーで示す結果となった。

今後のKIRITOは、2月16日にCLUB CITTA’川崎で<KIRITO Tour 2022-2023「THE CREATING REAL WORLD」>振替公演を開催するほか、自身の誕生日2月24日にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて恒例のバースデー公演<KIRITO「THE AGE OF TRANSCEND」>を行う予定だ。また、1月8日のSpotify O-EAST公演の模様を収めた映像作品が4月26日にリリースされることも新たに発表となっている。

■<KIRITO Tour 2022-2023「THE CREATING REAL WORLD」>2023年1月8日(日)@東京・Spotify O-EAST セットリスト

01. テロメア
02. ANTI-MATTER
03. Discord
04. BUTTERFLY IN A PHANTOM
05. VICTIM
06. INTO THE MIRROR
07. MASTERMIND
08. 雫
09. Storyteller
10. RAID
11. NEOSPIRAL
12. I BLESS YOU
13. Suicide View
14. Clue
15. Aim
16. DECIDE
17. TEAR
encore
en1. GARDEN
en2. カンナビス
en3. EXIT

▼サポートメンバー
海(G / vistlip)
JOHN(G)
Masa(B/NOCTURNAL BLOODLUST)
Allen(Dr)

■<KIRITO Tour 2022-2023「THE CREATING REAL WORLD」>振替公演

2023年2月16日(木) CLUB CITTA’川崎
open18:30 / start19:00
▼サポートメンバー
海(G / vistlip)
JOHN(G)
Masa(B/NOCTURNAL BLOODLUST)
Allen(Dr)
▼チケット
9,300円(ドリンク代別・税込)
※全席指定

■<KIRITO「THE AGE OF TRANSCEND」>

2023年2月24日(金) LINE CUBE SHIBUYA
open18:00 / start18:30
▼サポートメンバー
海(G / vistlip)
JOHN(G)
Chiyu(B)
Allen(Dr)
▼チケット ※全席指定
・9,500円(税込)
・ファンクラブ先行料金:9,000円(税込)

■LIVE Blu-ray&DVD『KIRITO Tour 2022-2023「THE CREATING REAL WORLD」』

2023年4月26日リリース
【受注生産限定盤(Blu-ray) ※WEB限定】KIXB-00004 ¥9,800+税 ※別途配送料
・特殊パッケージ
・16Pブックレット
・アクリルスタンド付属(ライブ写真使用)
収録内容:1/8 LIVE映像全編/ロードムービー
▼受注期間:3/26(日)23:59まで
https://ffb.tokyo/kirito/
※お届けは4/26(水)頃を予定
【通常盤(DVD)】IKCB-80033〜34 ¥6,300+税
収録内容:1/8 LIVE映像全編

この記事をツイート

この記事の関連情報