ペギー・グー、3年振りに来日決定

ツイート

世界のダンスミュージックシーンのトップを走るKハウスの象徴ペギー・グーの3年ぶりの来日が決定した。

◆ ペギー・グー 関連映像&画像


東京、大阪、名古屋の3都市をめぐる今回のジャパンツアーにおいて、東京は2023年1月19日(木)と21日(土)の2夜とも「WOMB」に出演する。

韓国出身、ロンドン経由、現在はベルリンを拠点に活動するペギー・グーは、アジア系DJとして世界の巨大フェスのヘッドライナーを飾れる数少ない存在。また、FENDIやLouis Vuittonなどのキャンペーンやコレクションのビジュアル・モデルも務めるほか「VOGUE」「DAZED」「GQ」「Numero」など数々の雑誌の表紙も飾るファッションアイコンとしてもその名を馳せている。遊び心のあるハウスから躍動感溢れるテクノ、ブレイクビーツ、レフトフィールド、ディスコなどを行き来するその唯一無二のDJプレイで、近年は数千から数万人規模のフェスのヘッドライナーを飾る彼女の超貴重なクラブ公演/ジャパンツアーをぜひお見逃しなく。

また、今回ペギー・グーをゲストに迎えてスタートする新パーティ<ACiD: A Concept in Dance>。“ACiD”は多様性というクラブカルチャーの原点に立ち返り、誰もが対等で、誰もが自由で、人種や国籍、性別などの垣根を超えて、さまざまな人の感性が溶け合う音楽のメルティング・ポットとなるに違いない。


1月19日(木)平日の夜はペギー・グーのほか、東京拠点のハウスミュージックコレクティブCYK、大阪を拠点に<Chill Mountain Rec>を主宰するGround。1Fには野村訓市が率いるMild Bunch Sound System。4Fは東京を拠点に活動するDJ / ビートメイカーLicaxxx、レコードレーベル“Sound Of Vast”主宰であり<Rainbow Disco Club>の主催メンバーとしても活躍するKnockが出演。1月21日(土)週末の夜はペギー・グーのほか、10年以上WOMBでレジデンシーを務めてきたSatoshi Otsuki、そして2夜連続の共演となるGround。1Fには東京・ベルリンを拠点とするクルーsnapoutを主宰、TechniqueとSpice Recordsでレコードバイヤーを務めてきたyama’。2014年から都内の主要クラブを中心に活動するAtsuki。4Fは東京を拠点に活動するコンポーザー/DJのLittle Dead Girl。2012年に17歳で自主リリースしたデビューアルバムをきっかけに「Ultra Japan」「EDC」「Summer Sonic」「Fuji Rock Festival」「森道市場」「BIG BEACH FESTIVAL」など数々の大舞台に登場してきたSEKITOVAが出演決定。

遊び慣れた大人たちが集う平日の夜か? エネルギーに満ちたダンスフロアに期待ができる週末の夜か? どちらも見逃せない夜になるだろう。


<ACiD: A Concept in Dance - Peggy Gou>

2023年1月19日(木)23:00〜4:30
2023年1月21日(土)23:00〜4:30
渋谷WOMB

料 金(各日):
前売 6,500円
当日 8,000円
*VVIPをご希望の方はWOMBにお問合せください。

チケット購入:
ZAIKO https://acid.zaiko.io/
イープラス https://eplus.jp/acida/
*Resident Advisorでも近日チケット販売予定

出 演(19日)
[2F MAIN FLOOR]
Peggy Gou
CYK
Ground (Chill Mountain Rec)
VJ: Manami Sakamoto

[1F WOMB LOUNGE]
Mild Bunch Sound System

[4F VIP FLOOR]
Licaxxx
Knock
*Peggy Gouのプレイタイムはメインフロアの音が流れます。

出 演(21日)
[2F MAIN FLOOR]
Peggy Gou
Satoshi Otsuki (TIME HOLE / VIS REV SET)
Ground (Chill Mountain Rec)
VJ: HEART BOMB

[1F WOMB LOUNGE]
yama' (snapout / Neon Lights)
Atsuki
*Peggy Gouのプレイタイムはメインフロアの音が流れます。

◆オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報