ローランド、未来のピアノをイメージした新たな構想を発表

ツイート

ローランドが、創業50年を記念して2022年に発表した電子ピアノのコンセプト・モデルの機能を強化し、より立体的で自然なサウンドを実現するアップデート・バージョンを、世界最大級のテクノロジー見本市「CES 2023」で発表した。

2022年に発表された「創業50年記念コンセプト・モデル・ピアノ」は、家具ブランドのカリモクとの共同設計による、国産のナラ材を採用し、温かみのある木目調を活かした丸みを帯びたデザインが特徴。ローランドの主要な歴代ピアノや最新のピアノ音色を内蔵し、自然なタッチとレスポンスを楽しめる鍵盤を搭載している。

CES 2023で発表のアップデート・バージョンは、ピアノの鍵盤蓋とトップサイドに合計14個のスピーカーを配置した「360度スピーカー・システム」を採用。あらゆる方向に発音可能なスピーカーは、それぞれ個別に音量を調節することができ、従来のステレオ・スピーカーを搭載している電子ピアノに比べて立体的で臨場感溢れるピアノ・サウンドを実現する。



ピアノの音色は、ピアノ本体から発せられる音だけでなく、壁や天井などに反射して生じる空間の響きも大切な要素。この空間の響きを再現するために、ピアノの周囲に浮遊するドローン・スピーカーを使用することをローランドは構想。最新のドローンに取り付けたスピーカーから音が降り注ぐことで、演奏者を包み込む圧倒的な音場を生みだすことができる。


このドローン・スピーカーを実現するために、音の遅延の少ない当社独自のワイヤレス技術を採用し、プロペラ・ノイズの少ない、静かに飛び、かつ移動する将来のドローンと、スピーカーを組み合わせたシステムの実現に向けて開発を続けていくという。

この記事をツイート

この記事の関連情報