【ライブレポート】chelmico、RIP SLYMEを迎えた<(ほぼ)平日ツアー>ファイナル「この日のために新曲を作っちゃいました」

ツイート
no_ad_aritcle

chelmicoが2022年12月より、全国7ヵ所7公演の全国ツアー<chelmico (ほぼ)平日ツアー>を開催、1月12日のZepp Haneda公演にてファイナルを迎えた。同ツアーファイナルのオフィシャルレポートをお届けしたい。

◆ chelmico × RIP SLYME 画像

iri、Lucky Kilimanjaro、鈴木真海子、tofubeats、 STUTS、 中村佳穂と、各地にそれぞれゲストを迎えた2マンツアーの最終日は、2022年4月よりRYO-ZとILMARI、DJ FUMIYAによる2MC&1DJとして再始動したRIP SLYMEを迎えた対バン形式となる。

ライブはRIP SLYMEのパフォーマンスからスタート。「楽園ベイベー」や「JOINT」といったポップミュージックシーンに燦然と輝くクラシックから、「Human Nature」や「Rightnow!」などの新体制で制作された新曲群まで、幅広い楽曲を織り交ぜたライブを展開し、観客を大いに盛り上げる。おかもとえみとWISEというサポートも華を添えたライブは、ベテランの妙味と同時に、新たな展開も予感させるフレッシュさを感じさせる構成となった。



その熱気も冷めやらぬまま、chelmicoのバックDJを務めるTOSHIKI HAYASHI (%C)がDJブースに登場し、続いて興奮気味に姿を現したMamikoとRachelは、RIP SLYME楽曲の流れを汲むようなドラムンベース/ブレイクビーツチューン「To Be continued」でライブをスタート。そのまま「switch」に展開し、会場の空気をchelmico色に染め上げる。

「MC Rachelだよ」「MC Mamikoだよ」「chelmicoだよ!」という、おなじみの挨拶に続いて、RIP SLYMEライブへの感想を話し合う二人。「私達の大好きなRIP SLYMEのライブはどうだった!?」という観客への呼びかけや、「RIP SLYMEで仲良くなった二人だから、対バンできるのは感謝しかありません」というMCからは、RIP SLYMEに対する大きなリスペクトを感じさせた。そしてMamikoの「まだまだ盛り上がる曲をやりましょう!」という言葉から、ライブは「Player」「Highlight」と、chelmicoの代表作が惜しみなく披露され、曲の最後はなぜかダイアンのポーズで締められた。



「デビューする前に二人でRIP SLYMEのライブを見に行ったよね。“デビューしたらもう最前列で見れないよ!”って一番前で見たんだけど、今日は袖で見れたね」と、感慨深くRIP SLYMEとchelmicoとの思い出を話すMamiko。そしてアニメ『映像研には手を出すな!』オープニング曲「Easy Breezy」を聴いたエルヴィス・コステロのラブコールによって実現した「Magnificent Hurt (chelmico Remix)」から、振り付けも可愛らしい「三億円」へとライブは進んでいく。

「次はしっとり踊る感じでいきましょうか」というRachelの言葉に続いて、切ない心情が歌われた「Balloon」、ツアーの中で日替わりでパフォームされ、この日のエクスクルーシブとなった「午後」と緩やかな空気が会場を包み、楽曲と表現力の幅をしっかりとライブを通して表現した。「今回はアルバムツアーじゃないから、普段はやらない曲も入れたの。踊ろう」というRachelの言葉に続き、「3rd Hotel」「ラビリンス97’」といった2016年リリースの1stアルバム『chelmico』収録曲にして、二人のベーシックとも言える楽曲を披露。そこから「Disco (Bad dance doesn't matter) 」への展開には二人が歩んできた道や状況の移り変わりを感じさせられる。

ロッキッシュなビートに乗せて、ポジティビティやフレンドシップを歌う「bff」で一体となった会場に、さらにその熱を高めるべく「Easy Breezy」が披露され、会場の一体感はピークに達して、その興奮を帯びたまま二人がステージを降りた。


アンコールを求める手拍子が響くなか、暗転したステージにRIP SLYMEのDJブースが運び込まれると、この後の展開への期待に手拍子がさらに大きくなる。再びステージに登場したRachelとMamikoの「今日のアンコールは頑張って準備したの、みんなを楽しませたくて」「ゲスト呼んでいいですか?」という言葉に導かれるようにDJ FUMIYAが登場。「この日のために新曲を作っちゃいました。新曲やっちゃっていいですか!」という呼びかけに続いて、初披露となる「GOOD GAME」がパフォームされた。

DJ FUMIYAプロデュースによるトライバルなダンスビートに、chelmicoのタイトなラップとユニゾンが絡み合うこの曲は、これからのchelmicoライブには欠かせないパーティチューンになることが、初披露にも関わらず大きく盛り上がる会場の様子から感じ取ることが出来た。そして同じく、DJ FUMIYAプロデュースの「O・La」にはRYO-ZとILMARIも登場してコーラスに参加。この日ならではの特別な掛け合いに、会場から大きな拍手が巻き起こった。


「今日はこれだけじゃないんですよね?」というchelmicoの呼びかけに、「chelmicoの二人が好きな曲があるんだよね」とRYO-Z。ILMARIも「ツアーでちょっとやっただけの珍しい曲をやるよ」と応え、そこからRIP SLYMEの「気の置けない二人」に、chelmicoがラップを乗せた特別バージョンを披露。リリックに流れるchelmicoのRIP SLYMEへの愛情には、「このバージョンいいじゃん!」とRIP SLYMEも太鼓判を押した。そのままchelmicoライブのエンディングの定番である「Love Is Over」にもRIP SLYMEが参加し、会場は大きな拍手と幸福感に包まれた。

「“健康第一、chelmicoとRIP SLYME第二”のピースで失礼します」という言葉で締められたこの日のライブ。お互いに対するリスペクトと愛情が溢れるライブはこうして幕を閉じた。なお新曲の「GOOD GAME」は1月13日より配信リリースされる。

取材・文◎高木“JET”晋一郎
撮影◎横山マサト

■<chelmico (ほぼ)平日ツアー>setlist playlist

https://chelmico.lnk.to/hoboheijitsu_tour_setlist

■デジタルシングル 「GOOD GAME」Prod. DJ FUMIYA

2023年1月13日(金)配信スタート
https://chelmico.lnk.to/goodgame



この記事をツイート

この記事の関連情報