関ジャニ∞、ドームツアー<18祭>完走「僕たちの絆は本物だと思います」

ツイート

関ジャニ∞が、1月15日に京セラドーム大阪で<関ジャニ∞ ドームLIVE『18祭』>最終公演を実施。3年ぶりとなるドームツアーを完走した。

ついに今回のドームツアーから、観客の声援が解禁に。会場が暗転すると、これまで溜め込んできたエネルギーと想いを解放するかのように、エイター(ファンの呼称)たちの力強く期待に満ちた声が響き渡った。それに呼応するように、Bluetooth(R)機能搭載の制御型ペンライト「ERライト」による光の演出が広がり、次の瞬間メンバー5人がドームのど真ん中に登場。オープニング曲「歓喜の舞台」から、割れんばかりの大歓声が会場に轟いた。

安田章大の「声がやっと聞けるようになって嬉しい! ね、愛してる?」という言葉に会場が「愛してる」と答え、村上信五の「子どもエイター」、「男エイター」、「女性エイター」という恒例の呼びかけに、会場から大きなレスポンスが返ってくる。一度失われた声を取り戻していく光景は、懐かしくも感動的だった。

ジャニーズ事務所の仲間、先輩・後輩へのリスペクトを込めた「ジャニーズメドレー」は、夏の<18祭>から楽曲を一新。本気のダンスにアイドルのキラキラ感、関ジャニ∞らしい遊び心などを詰め込んだパフォーマンスでたたみかけた。

夏の<18祭>での同メドレーで披露した「スシ食いねェ!」では、“寿司屋のおやじ”に扮した大倉が歌詞に合わせて出す寿司を、丸山隆平が次々と頬張る演出で笑わせたが、冬のドームは「ニク食いねェ!」にリニューアル。本メドレーでこだわりの演出を考案した横山裕が歌詞のリアレンジも担当し、自分たちの夏のパフォーマンスをオマージュするという、まさかの展開で楽しませた。

再びドームのステージに帰ってくることを待ち望んでいたのは、ファンも同じ。支えてくれているエイターの元へと、汽車型のフロートで駆けつけた5人。スタジアム発ドーム行の「エイトレイン」号と名付けられたフロートは、ここからまだまだ走り抜けていくという関ジャニ∞の想いをのせ、会場中を走り回った。

また、久々に「エイトレンジャー」も復活。これまで全ての脚本・演出を担当してきた横山が、ドームツアーのために新作コントを制作した。新たに彼らの行く手を阻む悪の組織「アンビ団」を、後輩である関西ジャニーズJr.のAmBitiousのメンバーが日替わりで演じ、戦いの火花を散らす。関ジャニ∞らしくアドリブを散りばめながら、ERライトを駆使した壮大な演出で観客を驚かせた。

さらに、サプライズは続く。夏の公演に続き、関ジャニ∞の妹分・キャンジャニ∞もライブに参戦。しかも、秋元康が作詞を提供した新曲「ないわぁ~フォーリンラブ」を引っさげての登場に、エイターからは歓喜の声が上がった。そして、数々のアイドルグループの振付を手掛けてきたTAKAHIROによる、激しくもチャーミングなダンスを新たな制服に身を包み披露。さらなる成長を期待せずにはいられない、“会えそうで会えないアイドル”たちがドームを席巻した。

そして、関ジャニ∞のライブに欠かせないのが、エモーショナルな感情を爆発させるバンド。定番曲の「ズッコケ男道」や「勝手に仕上がれ」では、会場中で熱くコール&レスポンス。メンバーたちはムービングステージにバンドセットを乗せて会場を縦断し、ギターやベース、ショルダーキーボードをもってトロッコで会場中を動き回る。1曲ごとに一体感が増し、会場のペンライトが大きく揺れる光景は圧巻だった。

ライブ終盤に、大倉が「楽しいことも、辛いことも、メンバーだけじゃなく、皆さんと一緒に乗り越えてきたからこそ、僕たちの絆は本物だと思います。この絆を失わずに、これからも前向きに頑張っていきましょう」とあいさつすると、会場から温かな拍手と歓声が上がる。関ジャニ∞が本編最後の曲に選んだのは、大切な節目のたびに披露してきた「ひとつのうた」。メンバーがセンターステージで肩を組みながら、エイターと声を合わせて歌い、ドームは温かく幸せな空気に包まれた。

Wアンコールの「喝采」まで、メドレー含む全39曲を走り切ったメンバー。ラストはメンバーが手をつなぎ、エイターとともに久々に声を出して、「最高で、最強の、関ジャニ∞」とコール。<18祭>を通して、今関ジャニ∞ができる最高のエンターテインメントを届けた。

2023年もまだ始まったばかり。“春夏冬中(あきないちゅう)”と掲げた関ジャニ∞の新たなビジュアルも公開となった。躍進し続ける関ジャニ∞のこれからにますます目が離せない。


◆関ジャニ∞ / INFINITY RECORDS 公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報