ジョシュ・ ジョンソン、名盤と評されたデビューAL『Freedom Exercise』がボートラを加えCDリリース決定

ツイート

ジェフ・パーカーやマカヤ・マクレイヴンといった、現在のジャズ・シーンを代表する様々なミュージシャンを支えてきた、シカゴ出身で現在LAを拠点に活動するサックス/キーボード奏者、ジョシュ・ジョンソン。名盤と評されたデビュー・アルバム『Freedom Exercise』がボーナストラックを加え、待望のCDリリースが決定した。

◆ ジョシュ・ ジョンソン 関連画像

原雅明 ringsプロデューサー コメント

ジョシュ・ジョンソンのデビュー・アルバムはもう2年以上前のリリースになるが、今以て瑞々しく美しい。ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターから学ぶためにシカゴを離れてLAに移住した彼が、その地でジャズ/非ジャズを問わず様々な音楽家と交わり、学び、経験したことの全てがこのアルバムに表れている。「音楽的雑食性」を愛する友人であるグレゴリー・ユールマン、アンナ・バタース、アーロン・スティールと作り上げた本作は、レコードでも丁寧にリプレスされている。ジェフ・パーカーの『The New Breed』や『Suite for Max Brown』も、マカヤ・マクレイヴンの『Universal Beings』も、ジョシュ・ジョンソンがいなければ生まれなかった。そう言っても決して過言ではないほど、その存在は大きい。真に流動的な音楽を探求したこのアルバムが、何よりもその価値を教えてくれる。


『Freedom Exercise』

2023年3月22日
​rings RINC98 2,500円 + 税​

■Tracklist
1. Nerf Day
2. 856
3. Western Ave
4. Bowed
5. Eclipsing
6. New July
7. False Choice
8. Punk
9. Simple Song
10. Return Recoil
11. Western Ave Mix(Extended Play)[Japan Bonus Track]

◆ジョシュ・ジョンソン オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報