音楽ライブ配信“MUSER”、Djazzと連携した貴重なライブ映像の国内独占配信を記念し、 メディア向けプレミアム試写会開催

ツイート

株式会社BEAMINGは、音楽ライブ専門の配信プラットフォーム“MUSER(ミューザー)”にて、ヨーロッパ発の名門ジャズレーベル“Djazz”と提携し、「ロバート・グラスパー」「グレゴリー・ポーター」「ビル・エヴァンス」「エロール・ガーナー」など、新旧の人気ジャズアーティストたちの貴重なライブ映像を国内で独占配信していくこととなった。本提携を記念して、1月16日(月)、阪急メンズ東京にてメディア向けプレミアム試写会を開催、イベントの様子の一部を公開する。

◆ MUSER 関連画像


プレミアム試写会は、Djazzでチーフエディターを務めるKaren van der Stalによる、Djazz作品の特徴や見どころ、今後公開予定の作品紹介を収めたビデオレターからスタート。今後の作品紹介では、マイルス・デイビスのドキュメンタリー映画『Time, No Changes: Miles Davis’ Second Great Quintet』も挙げられており、現存する3人のアーティスト、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーターの出演も紹介された。

その後は、ローンチコンテンツとして現在MUSERで公開中の2チャンネル計10作品の見どころをまとめた約20分のダイジェスト映像を「ギンザレコード」提供によるTADハイエンドオーディオ機材の素晴らしい音とあわせて、「プレミアム試写」が実施された。


試写の後は、豪華パネリスト3名による「トークセッション」へと移り、MCを音楽ジャーナリストの原田和典が務めた。

■パネリスト
社長(SOIL & "PIMP" SESSIONS)
原田潤一(Montreux Jazz Festival Japan CEO / カルチャーメディアARBAN CEO)
原田和典((音楽ジャーナリスト / 米国ダウンビート国際批評家投票メンバー)

「ロバート・グラスパー」と「ジェイソン・モラン」の共演が、当時2人がBlue Noteのレーベルメイトだったこと、かつ本公演がBlue Noteの75周年記念イベントだったからこそ実現した、非常に希少性の高いコラボであるなどの話題は、映像が残されていることのありがたみを強く感じる瞬間となった。また、とても小柄だった「エロール・ガーナー」が演奏時に電話帳のような分厚い雑誌を使ってイスの高さ調整を行っていたなどのエピソードトークも、実際の映像とセットで確認することで、より興味深く聞くことができた。

その他にも3名のパネリストそれぞれがジャズ沼に踏み入るきっかけとなった話や、ジャズアーティストたちのファションについてなど、話題の尽きないトークセッションとなった。

約90分にわたり開催された「MUSER × Djazzメディア向けプレミアム試写会」は、ジャズファンを夢中にさせる興味深い情報が散りばめられた、至福の時間となり、大盛況のうちに幕を閉じた。今後もMUSERでは、定期的な作品公開を予定しており、定期的にチャンネルをチェックしてみてほしい。

Djazz チャンネル


『The Current Jazz -新世代ジャズのパイオニアたち』チャンネル
https://muser.link/__b/channels/djazz

■公開作品  *2023/1/16 時点
1. Robert Glasper & Jason Moran
2. Gregory Porter
3. Ryan Porter & The West Coast Get Down
4. Nubiyan Twist
5. Jose James


『The Legacies -ジャズ史に輝く巨星たち-』チャンネル
https://muser.link/__b/channels/djazz2

■公開作品  *2023/1/16 時点
1.Bill Evans
2.Erroll Garner
3.Cecil Taylor
4.Joe Zawinul
5.George Shearing

全エピソード共通
視聴料:3,500円(税込3,850円)
*映像内のMCに字幕は付きません
*視聴期間は1週間です。1週間以内であれば何度でも映像をお楽しみいただけます

◆MUSER オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報