【ライブレポート】HY、全35公演のホールツアーを完走「ただいま沖縄!」

ツイート
no_ad_aritcle

HYが1月21日および22日、沖縄市民会館で全国ホールツアー<HY HANAEMI TOUR 2022-2023>のファイナル公演を開催した。

◆HY 画像

同ツアーは2022年3月6日の大分・別府ビーコンプラザフィルハーモニアホール公演を皮切りに、全35公演の規模で開催されたもの。2021年リリースの14thオリジナルアルバム『HANAEMI』を携えて約1年走り続けてきたツアーのファイナル、沖縄公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。



延期を重ね、2年越しで実現したツアーが<HY HANAEMI TOUR 2022-2023>だ。そのファイナルとなった沖縄市民会館のステージにメンバーが登場すると、ライブは“簡単に会えない日々に負けないように”という想いが込められた「ココロホシゾラ」からスタート。1曲目にふさわしい「ココロホシゾラ」に続けて、新里英之(Vo&G)が「沖縄の空に虹をかけましょう!」と呼びかけ、「no rain no rainbow」へ。その場でジャンプなど体を大きく動かして楽しむ観客の姿が、待望のライブであることを物語る。

タオルを一斉に回して盛り上がる「大好きだもの」が、序盤から会場の熱気をレッドゾーンに叩き込み、曲間も止まらない手拍子の中で、HYが大切にしてきた楽曲「Street Story」へ。カチャーシーを踊りながらラフに自由に楽しむオーディエンス。夢を探す姿を描いた「夢を見に行こう この指とまれ」のサビの一節“この指止まれ”で観客が一斉に人差指を上に掲げ、会場が一つに。





「改めまして、ハイサイ! HYです! みんな、ただいま! <HY HANAEMI TOUR>全35公演、今日がファイナルでございます。コロナで何度も延期を重ねてきました。それでも今日、この日のためのチケットを、ずっと持っていてくれて、そして足を運んでくれて、本当にありがとうございます!」──新里英之

「今日、この時間だけは思いっきり楽しんで帰っていって欲しいなと思います!」──名嘉俊(Dr)

「今日はたくさんの笑顔を生み出して、いい思い出をいっぱい作っていきましょうね!」──許田信介(B)

「声を出したらダメだから、皆さんのジェスチャーで私達は、どれくらい楽しんでるのかなというのを知るんですね。初めてのお客さんも多いので、これをやれば間違いなし、というのを教えますね。英さんが作るポーズをみんながまねをするだけ! 最後までよろしくお願いします!」──仲宗根泉(Key&Vo)

各メンバーならではの個性が滲む挨拶の後は、名曲「AM11:00」。声は出せなくても、会場にいた観客全員が心の声で歌っていたことが伝わる一幕となった。続けてアルバム『HANAEMI』に収録されている2曲へ。疾走感が気持ちのよい「車に乗って」、そして仲宗根が手掛けた切ないラブソング「%~m.e.r~」が会場をしっとりした空気感に染め上げた。




その空気を一変させて笑いを誘ったのが、HYツアー恒例の仲宗根が脚本演出を手掛ける寸劇コーナー『イーズー・コーナー』だった。続いて、仲宗根が歌う「Good Bye」が感動を運び、仲宗根がコンプレックスと向き合って作詞作曲した「Complex feeling」では、他人と比べるのではなく自分の人生を生きることを教えてくれる。笑いありのエンターテイメント性と、日々尽きない悩みに応えてくれるような楽曲たちが呼ぶ感動。この当初から変わらないスタイルがあってこそ、HYのライブは老若男女問わず愛されるのだろう。

「ここからは、心と心の距離を近付けたいです!」と新里が叫ぶと、いよいよライブは後半戦に。手の動きをつけたコール&レスポンスによって会場が温まった「花束」。オーディエンスが拳を上に掲げて一気に熱気を運んだ「棒」。そして、「隆福丸」「エール」「ホワイトビーチ」といったイブ定番曲を畳みかけて、場内の盛り上がりは最高潮に。





「皆さんの応援のおかげで、今年22年目を迎えることができています。ずっとこのメンバーで音楽を続けてきたからこそ、見えた景色、出会えた仲間がいます。そして今日、続けてきたからこそ、新しい仲間(シンカー)にも出会えています。HYは沖縄が大好きで心がリラックスしてゼロになれる場所なんですよね。そこで音楽を作って皆さんに届けています。最後にみんなに届けたい曲は、沖縄の大自然の中から生まれた歌。後ろに飾られているこのリースですが、花が咲いて、そしていつかは枯れるけど、また次の世代にその命は巡っていく。そういったループをしていくように、そんな想いが込められた曲です」

ステージ後ろのモニターに映し出されたのは、沖縄出身の画家HAYATO MACHIDAがデザインを手掛けたツアーメインビジュアル。そのデザインになっているリースについて触れながら、アルバム『HANAEMI』のリード曲「North Forest」で本編が終了した。



アンコールを求める拍手に導かれて再びステージにメンバーが現れると、会場中に広がるオレンジ色と青色のペンライト。これはアルバムタイトル『HANAEMI』に由来したもので、沖縄の太陽を表す“オレンジ”と沖縄の海を表す“青色”の“花畑”を意味する。沖縄公演ならではのファンからの演出に、新里も涙を見せて感動のサプライズとなった。

そして代表沖縄民謡のメロディが取り入れられた「てぃんさぐぬ花~チムにすみてぃ~」、2022年9月リリースのアルバム『Kafuu』からも「優しい世界」を歌い上げた。「ラスト1曲です!」という新里の声に続いては、ライブでしか聴けない曲「フェイバリットソング」が披露された。演奏後はメンバー4人がステージに並び、「感謝の気持ちで胸いっぱいです。この気持ちを表すには音楽しかないんですよね。もう1曲届けたいと思います!」と1stアルバム収録曲「旅立ち」を披露。HYにとってもファンにとっても特別な思い入れのある楽曲に涙を見せるファンの姿も。



「コロナで大変な時期で、ツアー開催の一歩を踏み出すのが大変だったんですが、音楽を奏でる瞬間、ハッピーになれる。みんなの街に行って直接届けることで、みんなも同じ気持ちになれたらと思い、一歩勇気を振り絞って、前を向きました。全国35本、成功です。そして、HYは2023年もみんなに喜んでもらえるように、たくさんきっかけを作っていきたいと思います。また成長した姿で会える日を楽しみにしています!」──新里英之

新里がツアーを締めくくる挨拶を述べると、沖縄ならではの指笛が響き渡り、拍手が鳴り止まない。メンバーは深くお辞儀をして、全35公演におよんだホールツアーが終幕した。前述したようにツアータイトルの<HANAEMI>には、“花笑み” “花咲み”という意味が込められている。「たくさんの笑顔やパワーを届けるライブにしたい」と語っていたメンバーだが、その言葉通り、お客さんの笑顔が溢れるツアーとなった。同ファイナルのラストでは、大画面モニターで2023夏に<Kafuu TOUR 2023>開催を発表、HYは3月に自身主催フェス<SKY Fes 2023>を開催することも決定している。


なお、ライブの模様は1月31日までアーカイブ配信にて視聴することが可能だ。今ツアーのセットリストのプレイリストはSpotifyにて公開されている。

撮影◎G-KEN

■<HY HANAEMI TOUR 2022-2023>1月22日@沖縄市民会館セットリスト

01. ココロホシゾラ
02. no rain no rainbow
03. 大好きだもの
04. Street Story
05. 夢を見に行こう この指とまれ
06. AM11:00
07. 車に乗って
08. %~m.e.r~
09. Good Bye
10. Complex feeling
11. 花束
12. 棒
13. 隆福丸
14. エール
15. ホワイトビーチ
16. North Forest
encore
en1. てぃんさぐぬ花~チムにすみてぃ~
en2. 優しい世界
en3. フェイバリットソング
en4. 旅立ち

▼Spotifyにてツアーセットリストのプレイリスト公開
https://open.spotify.com/playlist/0d90sphSVCYdV2W4Srso8a?si=MdouAe7fT1utkxl1xtVFXg

■<HY HANAEMI TOUR 2022-2023>配信

アーカイブ期間:2023年1月31日(火)23:59
※チケット購入は1月31日(火)21:00まで
uP!!!:https://live.au.com/live/251/
TELASA:https://live.au.com/telasa/live/252/

■フェス<HY SKY Fes 2023>

▼前夜祭
3月17日(金) 沖縄県総合運動公園 多目的広場
▼DAY1
3月18日(土) 沖縄県総合運動公園 多目的広場
▼DAY2
3月19日(日) 沖縄県総合運動公園 多目的広場
https://skyfes.net/


■ツアー<HY Kafuu TOUR 2023 〜“Kafuu=幸せ”をあなたの街に届けに行きます〜>

6月04日(日) 福岡・Zepp Fukuoka
6月24日(土) 宮城・SENDAI GIGS
7月07日(金) 愛知・Zepp Nagoya
7月15日(土) 大阪・Zepp Namba Osaka
7月17日(月・祝) 東京・Zepp Divercity (TOKYO)
7月22日(土) 沖縄・那覇文化芸術劇場なはーと

この記事をツイート

この記事の関連情報