ボノとジ・エッジが故郷ダブリンを旅するドキュメンタリー、日本でも配信決定

ツイート
Photo by Kurt Iswarienko

U2のボノ(Vo,G)とジ・エッジ(G,Pf,Vo)が出演するドキュメンタリー『U2:ボノ & ジ・エッジ - A SORT OF HOMECOMING with デヴィッド・レターマン』が、日本でも3月17日よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で配信されることが決定した。

◆予告編動画

同作は、コメディアン/司会者のデヴィッド・レターマンと共に故郷であるアイルランドのダブリンを訪れたボノとジ・エッジに密着し、彼らの素顔やルーツに迫るドキュメンタリー。ライブパフォーマンス映像も交えて、ふたりの45年以上にわたる親密な友情や“ロックンロール史上最も素晴らしいパートナーシップはいかにして構築されたのか”などを掘り下げた作品だという。モーガン・ネヴィルが監督し、ロン・ハワードとブライアン・グレイザーが設立した「イマジン・ドキュメンタリーズ」が製作総指揮を務めた。

高校生の頃、U2とデヴィッド・レターマンに熱狂していたというネヴィル監督は「何十年か経って、この番組を作るためにアイルランドに全員集合するなんて、ありえない夢が実現したんだ」とコメント。旅の案内人となったレターマンは「最近ラジオのコンテストで優勝したんだ。優勝者はボノとジ・エッジと一緒にダブリンを訪れることができるんだ(優勝は冗談だけどね)。彼らは私をダブリンのあちこちに案内して、ミュージシャン仲間も紹介してくれて、小さな劇場で名曲の数々まで披露してくれたんだ。素晴らしいツアーだったよ。まだツアーに空きがあると言っていたから彼らに連絡してみてよ。これも冗談! そんなツアーは無いよ! でも私は本当に地球上で最も幸運な男だよ」と述べている。


U2はドキュメンタリーの配信開始と同日、ニュー・アルバム『ソングス・オブ・サレンダー』をリリースすることが決まっている。

『U2:ボノ & ジ・エッジ - A SORT OF HOMECOMING with デヴィッド・レターマン』

ディズニープラスにて、3月17日(金)より日本初独占配信

この記事をツイート

この記事の関連情報