演歌歌手&グラビアアイドルの望月琉叶、ボカロPと5ヵ月連続配信第4弾はNemプロデュース「緋炎歌」

ツイート


歌手、グラビアアイドルとして活躍する望月琉叶が、2022年10月よりスタートさせた5人の有名ボカロPとタッグを組み5ヵ月連続で新曲を配信リリースする企画の第4弾シングルの詳細が発表された。

◆第4弾シングル画像

新たなボカロPは「嗚呼、素晴らしきニャン生」「夢喰い白黒バク」「シザーハンズ」などのミリオン再生“ボカロ曲”を手掛けるNemプロデュース作品に決まり、1月31日に「緋炎歌」が配信リリースされる。演歌のメロディーとジャズアレンジが融合したダイナミックに展開する楽曲で、望月のボーカルは演歌調ながらも歌詞には「ぴえんぴえん」「裏垢」「ブロック」「サムネイル」「マツエク」といった令和ならではのワードが並ぶ失恋ソングだ。



2月にリリース予定の第5弾のボカロPも今後発表される予定だが、この企画を締めくくるにふさわしい注目のボカロPが既に決定しているとのこと。

配信「緋炎歌」(読み:ヒエンウタ)


2023年1月31日リリース
作詞・作曲・編曲:Nem
COKM-44022
各配信サイトにてストリーミング&ダウンロード
★望月琉叶×ボカロP特設サイト
https://columbia.jp/mochizukiluca/vocalo-p/

この記事をツイート

この記事の関連情報

*

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス