Sept.、春めく軽やかさを纏った2023年第1弾デジタルSG「faraway」リリース

ツイート

Sept.が新曲「faraway」をリリースした。

「faraway」は2022年12月にリリースした「requiem」と「slow down」に続く、2023年第1弾シングル。

ドリームポップやインディーポップのサウンドを基調としながらも、2000年代ギターロックのメロディの質感も織り交ぜられたSept.ならではの1曲に仕上がっている。

特に透明感のあるコーラスがかかったギターのサウンドからは、タイトルの「faraway」を表すかの様に、遠くの情景が浮かんでくる。イントロやAメロは8ビートを基準としながら、少し腰高目のベースとギター、歌との絡みは聞き応えがある。サビはベースの重心が変わり、音の広がりが心地よい。スローテンポな曲が多いSept.としては久々のアップテンポな楽曲のリリースとなる。

今回の音源はエンジニアのKensei Ogataとの共同作業となった。マスタリングとドラム、ギターのレコーディングはKensei Ogata、それ以外はクロサワ(Vo)が担当した。ドリームポップサウンドに精通したKensei Ogata氏のエッセンスを加わえることで、より洗練されたサウンドに仕上がっている。特にドラムはインディーロックの質感を意識し、タイトなサウンドにしている。ドラムセットにはビンテージの60's Ludwigを使用。

アートワークは前作に引き続き西洋絵画を使用。アルマン・ギヨマンの「Sunset at Ivry」という作品。冒頭の歌詞の「18歳の夕焼け空」を意識し選んだという。

前作「slow down」でもそうだったように、ドリーミーな音像の中にさりげなく大切なメッセージが溶け込んだSept.の音楽は多くのリスナーの耳と胸に響いていきそうだ。新曲「faraway」をチェックしてみてほしい。

■アーティストコメント
この曲を作ったきっかけは、「スローテンポな曲が増えたからアップテンポの曲作ろう。」でした。
各パートのフレーズの絡みが、かなり聴き応えのある一曲になっています。
Sept.らしいインディーポップソングをどうぞお楽しみください。
Ba.Shin Fukasawa

■「faraway」
配信リンク:https://lnk.to/_faraway


◆Sept. オフィシャルTwitter
この記事をツイート

この記事の関連情報