マシン・ガン・ケリーとモッド・サンの映画、ラジー賞で7ノミネート

ツイート

マシン・ガン・ケリー(コルソン・ベーカー)とモッド・サンが共同でプロデュース/監督/脚本執筆/出演した映画『グッド・モウニング/人生最悪のハイな1日』が、3月に開催される第43回ゴールデンラズベリー賞の7候補に挙がった。

◆トレーラー映像

“最低”な映画へ贈られる同アワーズで、『グッド・モウニング/人生最悪のハイな1日』は、最低作品賞、最低監督賞、最低主演男優賞(コルソン・ベーカー)、最低助演男優賞(モッド・サン、ピート・デヴィッドソン)、最低脚本賞、最低スクリーン・カップルの6部門で計7つノミネートされた。

今年の最多はマリリン・モンローを題材としたNetflixの映画『ブロンド』の8ノミネートで、『グッド・モウニング/人生最悪のハイな1日』の7はそれに次ぐ。

ミュージシャンとしても活躍する俳優では、彼らふたりほか、ジャレッド・レトが『モービウス』で最低主演俳優賞の候補に挙がっている。

第43回ゴールデンラズベリー賞は、第95回アカデミー賞の前日、3月11日に開催される。『グッド・モウニング/人生最悪のハイな1日』は日本で2月8日よりデジタル配信開始となる。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報