時を唄えば、幸福の形を爽やかに表現した新曲「bisou」配信リリース

ツイート

時を唄えばが、新曲「bisou」を1月25日に配信リリースした。

「bisou」とは、フランス語で“挨拶がわりのキス”という意味であり、愛する人、大切な人とずっと離れないようにと、何気ない日常の情景を大切にするじゅり(Vo,G)の気持ちがこもった1曲。「恋の終わりから愛が始まる」という言葉からも、情景をもとに曲を生み出す時を唄えばの視点の豊かさが感じられる。聴いているうちに多幸感であふれる、そんなミドルバラードとなっている。

また、2022年にリリースしたアルバムのリリースツアー<「そよ風のような瞬間を」届けに行く!東名阪ツアー>のファイナル公演が1月29日に下北沢MOSAiCにて行われる。今注目のバンドであるプランクトン、かたことも出演予定だ。

■じゅり コメント
幸せの形は人それぞれだと思っています。その中で、「離れない」という事が2人の絆の深いところにあると思っていて、爽やかなメロディに乗せてみました。タイトルのbisouは「ビズ」と読みます。言葉の響きも美しくて、幸せの形を表現するのに、良い言葉に出会えたなと思っています。ぜひゆったりとコーヒーを飲みながらお聴きください。

■「bisou」
配信リンク:https://linkcloud.mu/8e0e8754

<「そよ風のような瞬間を」届けに行く!東名阪ツアー>

2023年1月29日(日) 東京 下北沢MOSAiC
OPEN 17:45 START 18:30
[出演]
時を唄えば
プランクトン
かたこと
[チケット]
前売 2,400円(+1drink)
当日 2,900円(+1drink)
チケット購入ぺージ
https://t.livepocket.jp/e/20230129

1stアルバム『そよ風のような瞬間を』

CD Only / TKWU-0001 / 2,000円(税込)
予約/購入リンク
https://tower.jp/item/5549912/
※タワーレコード限定発売

[収録曲]
1. 私のヒーロー
2. そばに
3. シーサイドステップ
4. タイムリープ
5. FMの電波に期待して
6. 聞き上手な君が良い
7. 国道16号

◆時を唄えば Twitter
この記事をツイート

この記事の関連情報