yonawo、特別編成で日比谷野音ワンマン開催。どんぐりず、鈴木真海子、Skaaiもゲスト出演

ツイート

yonawoが3月18日、東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ<YONAWO YAON>を開催した。

デビュー3周年を記念して行われたこの日のライブでは、初めてサポートメンバーを迎えた特別編成でのパフォーマンスを披露。直前まで小雨が降り続き、場内にはポンチョやレインコートを着たオーディエンスも目立ったが、開演とともに雨がやんで、満員の会場がyonawoの音に酔いしれた。

◆ライブ写真(42枚)

開演時刻を過ぎると、メンバー4人に阿南智史(G)、中村エイジ(Key)、ryo takahashi(Perc)を加えた計7人がステージに姿を現し、ライブは「After Party」からスタート。


荒谷翔大(Vo)が「今日は声出しオッケーなので、みんなで歌いましょう」と呼びかけると、早速“Keep on rolling rolling rolling”の合唱が起こる。いつも以上に厚みのあるアンサンブルでそのまま「26時」を続け、「<YONAWO YAON>へようこそ! 足下が悪い中、本当にありがとうございます。今日は一緒に楽しんで帰れたら嬉しいです」と挨拶をすると、ここでホーンセクションの3人、西内徹(Sax)、西岡ヒデロー(Tp)、和田充弘(Tb)が登場。10人編成で「good job」が演奏され、温かみのあるホーンの音色が冷えた空気をじんわり暖めていく。



青い照明の中で田中慧によるシンセベースの低音と斉藤雄哉(G)による歪んだギターがサイケな空間を作り出した「rendez-vous」、オレンジの照明の中で“Feel So Good!”をオーディエンスと共に歌った穏やかな「天神」という対照的な2曲、アウトロでのギター2本によるユニゾンが印象的な「tonight」を続けると、「Lonely」では再びホーンセクションが加わって、カッティングやシェイカーとともにアップリフティングな空気を作り出していく。さらにはチルな雰囲気の音源とは異なり、間奏でヘヴィな演奏を聴かせる「苺」から、「beautiful Day to Die」ではシアトリカルな赤い照明の中で荒谷が力強くメロディーを歌い上げ、後半では野元喬文(Dr)による激しいリズムとギターノイズがスケールの大きな音像を作り出し、野音の空間を埋めたのは実にドラマチックだった。


ここで荒谷が改めてデビュー3周年を迎えたことに対する感謝を伝えると、「この前リリースした曲があるので、やっちゃおうかなと思います」と話して、この日最初のゲスト・どんぐりずが登場。ワインボトルを片手に森とチョモが現れて、「日比谷、調子どう?カンパイ!」と呼びかけるとパーティーモードに突入し、エレピの艶やかな響きと2ステップ風のリズムに乗せてラップを畳み掛ける「Rhodes」で場内のボルテージが一気に上がる。ラストは“I love you more than you’ll ever know”をにぎやかに合唱すると、「ありがとう、yonawo! 気持ちいいバンドだよね!」という言葉を残し、見事に中盤のハイライトを演出してみせた。



一旦クールダウンするかのように、「ijo」と「yugi」をしっとり届けると、「Falling」ではサックスの西内をフィーチャー。アウトロではピンスポットを浴びてソロを聴かせ、闇夜に響き渡るサックスの音色が何とも心地いい。そこからもう一度ホーンセクションの3人が揃うと、カラフルな照明の中で「しあわせ」を披露。途中からウォーキングベースに変わると曲調が一気に華やかさを増して、大編成ならではの盛り上がりを見せていく。ジャジーなピアノイントロから始まる「ごきげんよう さようなら」も途中からジワジワと演奏の温度が高まっていき、ラストはサイケデリックなサウンドスケープを浮かび上がらせた。

「早いものであと2曲でお別れなんですけど、ここに来れたのはみなさんのおかげだと思ってますので、ホントにLoveです。また遊びましょう」と話して、荒谷が「Love」を歌い始めると、ここで2組目のゲストとしてラッパーのSkaaiが登場。歌とラップのスキルを高いレベルで兼ね備えるSkaaiのパフォーマンスに大きな拍手が贈られ、荒谷とSkaaiが熱量高くフェイク合戦を繰り広げたアウトロは、この日随一の名場面だったと言っていいはずだ。さらに、荒谷がいつになく高いテンションでメンバー紹介を行い、「今日はもう一人、特別なゲストがいます」と鈴木真海子を呼び込むと、場内からは大歓声。このメンバーが揃って披露されるのは、もちろん新たなアンセムとなった名曲「tokyo」だ。それぞれの東京に対する想いを綴ったSkaai、鈴木、荒谷のマイクリレーから、最後は会場中が一体になってフックを合唱し、素晴らしい雰囲気で本編が締め括られた。



アンコールでは福岡を走る国道線をモチーフにした「202」で地元愛を示しつつ、ロマンチックかつサイケデリックといういかにもyonawoらしい「蒲公英」を披露。鳴り止まない拍手に応えてのダブルアンコールではメンバー4人のみがステージに現れ、田中が「最後は4人で締めたいと思います」と話し、斉藤が「今日のために作りました」と言って、未発表の新曲「stay」を演奏。フェイザーのかかったギターが耳に残るミドルテンポのダンスチューンでもう一度フロアを揺らすと、「今日3月18日はマネージャーの番さんと初めて会った日なんです」という裏話を語り、福岡からこの日会場に来ていたという親への感謝を伝え、「まだまだ音楽やれたらいいなと思っていますので、ぜひみなさんお付き合いください」と話し、場内を盛大な拍手が包む。最後は「番さんと出会った、原点の曲」という紹介から「矜羯羅がる」が披露され、デビュー3周年を祝うメモリアルな一日が幕を閉じた。


写真◎Toyohiro Matsushima

ライブ情報

<yonawo presents tokyo>
yonawo x 鈴木真海子(band set) x Skaai

6月24日(土)福岡・DRUM LOGOS
開場16:30 開演17:30
前売 ¥5,500(ドリンク別)
Info : ssnwfuk@spaceshower.net (スペースシャワーネットワーク 福岡オフィス)

6月30日(金)東京・Spotify O-EAST
開場18:00 開演19:00
前売 ¥5,500(ドリンク別)
Info : 03-5720-9999 (HOT STUFF PROMOTION)

7月2日(日)大阪・服部緑地野外音楽堂
開場12:00 開演13:00
前売 ¥5,500(ドリンク別)
Info : 06-6341-3525 (YUMEBANCHI)
*大阪公演のみ他出演者あり

■チケットオフィシャル先行
受付期間 : 3月18日(土)20:00〜3月26日(日)23:59
福岡 : https://t.livepocket.jp/e/tokyo_lit
東京 : https://w.pia.jp/t/yonawo-tokyo/
大阪 : https://eplus.jp/tbo-tokyo/

この記事をツイート

この記事の関連情報