安斉かれん、初アルバムから11本のシングル&ビジュアライザーを配信。本日第4弾「18の東京 feat. 初音ミク」解禁

ツイート

安斉かれんが3月29日リリースの自身初となるアルバム『ANTI HEROINE』に先駆けて、2週間で6枚のシングルと11本のビジュアライザーを連続リリース中だ。

◆ビジュアライザー

『ANTI HEROINE』は、現代においてもっとも多様性が失われている存在のひとつ、“ヒロイズム”の「こうあるべき!」にとことんアンチしていく内容で、ヒロインにあるまじき逃げ出す弱さや自己犠牲ならぬ利己理性など、常識にとらわれないヒロイン像を世に問うメッセージを続々と吐露している。

第2弾シングル&ビジュアライザーの「ギブミー♡すとっぷ」は、UKの人気バンド・ChvrchesのLauren Mayberry&Martin DohertyとDanny L Harleとの合作によるダークウェイヴ。



第3弾の「おーる。べじ♪」はPaleduskのDAIDAIをプロデュースに迎えた00’s デジロックのリバイバル。「全員野菜だと思おう!」という衝撃のメッセージが共感と驚嘆を呼んでいる。



そんな中、本日第4弾となる楽曲「18の東京 feat. 初音ミク」がリリースされた。プロデュースを務めたのはGigaとTeddyLoidのタッグ。既にリリースされていた「都会にの中で徐々に濁っていく十代の青さ」を現在進行形で描写したドキュメンタルな楽曲を、刃物のような質感でより赤裸々で鋭利な異物へとリ・プロダクトした。

初音ミクという永遠の少女性と、十代を卒業した安斉かれんのオトナ気が、透明と混濁を行き来する作品に仕上がった。本楽曲のビジュアライザーも、本日20時にYouTubeにてプレミア公開される。


先行シングル

先行シングル第4弾「18の東京 feat. 初音ミク」
https://kalenanzai.lnk.to/18notokyofeatHatsuneMiku

第1弾「恋愛周辺(Demo)」
https://kalenanzai.lnk.to/Renaishuhendemo
テレビ東京【水ドラ25】「それでも結婚したいと、ヤツらが言った。」EDテーマ

第2弾「ギブミー♡すとっぷ」
https://kalenanzai.lnk.to/givemestop

第3弾「おーる、べじ♪」
https://kalenanzai.lnk.to/allvege

この記事をツイート

この記事の関連情報