安斉かれん、1stアルバム2枚同時リリース

ツイート

安斉かれんが本日3月29日に、1stアルバムを2枚同時にリリースした。

◆関連動画

1枚は、事前にリリースが発表されていた『ANTI HEROINE』(読み:アンチ・ヒロイン)。安斉かれんいわく、“もっとも多様性が失われている”ヒロインという存在に対して、カラフルな音楽性と言葉で、無色透明でありながら同調を強いる「こうあるべき像(カタチ)」を丁寧に壊していく新境地作だ。


国籍もジャンルも超越したボーダレスなアーティストらが楽曲制作に参加しており、USからはJustin Tranterが参加。オープニング曲の「へゔん」を提供している。UKからはCharli XCXにDanny L Harleらが参加している。

日本国内からはGigaとTeddyLoidが初音ミクをフィーチャリングに迎えた楽曲をエッジィにプロデュースし、アニメ楽曲カバーである「私はドキンちゃん」のゴシカルでシネマティックなトラックは、KiWiが手掛けた。

バンド界からも、PaleduskのDAIDAIが00’s デジロックの独創性溢れるリバイバル曲で、Have a Nice Day!はFZとのタッグで、エモロック meets エレクトロニカを提供している。



本日夜20時には、maeshima soshiがプロデュースを手掛け、60’sモータウンをモチーフにした「ら・ら・らud・ラヴ」のビジュアライザーが、YouTubeにてプレミア公開される。

「躁しくて鬱っとうしい情緒不安定なアルバム」というキャッチ通り、陰陽が激しく入れ替わる感情の起伏ごく大きめのジェットコースター・アルバムだ。



もう一方のアルバムは、事前告知を一切行わずに、突如、同時にリリースされた『僕らはきっと偽りだらけの世界で強くなる。』という作品。

『ANTI HEROINE』が新たな多面を魅せるオリジナルアルバムであるのに対し、こちらは、初期からの安斉かれんの魅力が詰まったヒストリカルアルバムという位置付け。


現在のトレンドを先取りしたロマンティックなY2Kサウンド&ファッションと、サイバーパンクな世界観で綴られたデビュー3部作を、それぞれCarpainter、KO3、TAKU INOUEがRe:プロデュースしたバージョンを収録する。

その他にもCAELANをfeat.に迎えたm-floの名曲カバーや、自身のサックス演奏によるインスト曲、代表曲である表題曲「僕らは強くなれる。」の別バージョンなど、レアトラックスも兼ねたアルバムに仕上がっている。

これまでは全曲サブスク限定でのリリースだったが、今回から、アラカルト含め全デジタル配信を解禁。ダウンロードやハイレゾでも楽しめる。




アルバム情報

2023年3月29日リリース

1st album『ANTI HEROINE』
各配信リンク:https://kalenanzai.lnk.to/ANTIHEROINE

1st album『僕らはきっと偽りだらけの世界で強くなる。』
各配信リンク: https://kalenanzai.lnk.to/bokurahakitto


この記事をツイート

この記事の関連情報