【速レポ】<京都大作戦2023>dustbox、待ちに待った最高の瞬間「鳥肌立ってきた」

ツイート
no_ad_aritcle

<京都大作戦>1日目もいよいよ後半、ここで登場するのはこのフェスには欠かせないバンドであるdustbox。

◆ライブ写真

登場直前、バンド名がアナウンスされると大きな歓声が会場に轟いて、お馴染みのSEに手やタオルが掲げられる。「京都大作戦! 思いっきりやろうぜ」。このSUGA(Vo, G)の言葉を合図にライブは「Here Comes A Miracle」からスタートした。




「俺たちのライブを初めて見るからとか、関係ないからな」──SUGA

という声にかぶさるように、頭から大合唱となっていった光景に、メンバーは何度も“最高だ"と笑顔を見せた。そんな最高の光景に、これぞdustboxというブライトなメロディが冴えわたる。間髪入れずに、「Riot」「Bitter Sweet」と続き、観客の声や手拍子がどんどんボリュームを増していくのも、この日この瞬間を待っていたことがうかがえる。

「最高なんだが! このなんとも言えないざわめきがね。鳥肌立ってきた。マジで嬉しいありがとう」とJOJI(B, Vo)は声を張り上げる。「声がこれだけ聞こえるだけでも、めちゃくちゃ嬉しいしね。ここから見る君たちの顔の景色も全然ちがうんだよ。やっぱり表情が見れるのは最高だよね」とSUGAは、多くの人がマスクを外した会場を眺めて語る。




そして「つなげましょう、10-FEETに」とJOJIが言って続いた曲は、昨年リリースした10枚目のアルバム『Intergalactic』収録の「Emotions」だ。YU-KI(Dr)のドラムやベース、ギター、それぞれのパワーをブーストし、さらにドライブ感のあるアンサンブルで聴かせる曲であり、ネガティヴな思いやダークな感情の澱を燃料に熱さを増すメロディが突き刺さる曲。低音のうねりが気持ちのいいベースが、沸き起こる感情を爆発させてくれる曲で、観客のコブシにもぐっと力が入る。

後半は、京都大作戦のdustboxのライブならではの10-FEETとのわちゃわちゃとしたステージで盛り上がっていく。「Hurdle Race」では、JOJIがステージ袖にいたKOUICHIを呼び寄せ、というかステージに引っ張り出してベースの弦を弾かせたり、続いて10-FEETの「ヒトリセカイ」のカバーでは、NAOKIが自分のコーラス部分でステージに滑り込んできて歌い上げたり、KOUICHIはYU-KIのドラムセットの真横でハンドクラップをしたり、またはスティックを客席に投げたりと(人のステージで)やりたい放題に暴れていく。後半には大きなリュックを背負いナードなスタイルのTAKUMAが登場して曲をクライマックスへと持っていく。




続いた「Neo Chavez 400」では、JOJIがNAOKIにベースを託し、ステージ狭しと暴れまわった。長い長い付き合いである両者の関係性があるからこそできるおふざけのノリと、バンドマン同士だからこその互いの曲やプレイへのリスペクトが、ステージの楽しさを何倍にもする。「大作戦ぽいな、おい!」とJOJIが思わず声を上げたが、まさにこのフェスでしか味わえないスペシャルなシーンだ。

「毎回雨で心配になるけれど、最高なフェスがいつまでも続きますように」(SUGA)。そういって、「Jupiter」でドラマティックに締めくくったステージだったが、「時間余っちゃったね。半端ねえの1曲投下していいかな」(SUGA)とさらに「Just One Minutes」を演奏して、最後の最後までエバーグリーンなメロディの波状攻撃を食らわしたステージとなった。


取材・文◎吉羽さおり
撮影◎青木カズロー

セットリスト

SE. New Cosmos
1. Here Comes A Miracle
2. Riot
3. Bitter Sweet
4. Emotions
5. Hurdle Race
6. ヒトリセカイ
7. Neo Chavez 400
8. Jupiter
9. Just One Minutes

■10-FEET主催<京都大作戦 2023 〜今年は可能な限り全フェスに参加してくだ祭!〜>

7月1日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月2日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
open9:30 / start11:00 ※20:00終演予定
〒611-0031 京都府宇治市広野町八軒屋谷1
●出演者 ※50音順●
▼7月1日(土)
【源氏ノ舞台】クリープハイプ / Ken Yokoyama / dustbox / 10-FEET / Fear, and Loathing in Las Vegas / 04 Limited Sazabys / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】ANARCHY / Wienners / かずき山盛り / KUZIRA / 東狂アルゴリズム / バックドロップシンデレラ / FOMARE
▼7月2日(日)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN / ORANGE RANGE / go!go!vanillas / coldrain / 10-FEET / Dragon Ash / マキシマム ザ ホルモン / WANIMA
【牛若ノ舞台】a crowd of rebellion / ammo / ENTH / おとぼけビ~バ~ / w.o.d. / NUBO / Hakubi
▼両日開催
【鞍馬ノ間】※7月2日の出場チームはトーナメント結果による
EGOLA / 大阪籠球会 / TEAM-S / TEAM NICK / TEAM Happy FROM SOMECITY OSAKA / TEAM FUKUOKA / TEAM Lucky FROM SOMECITY OSAKA / ちきゅう
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際、チケット代金の払い戻しは実施されません。
▼チケット ※Sold Out
【通常札】
・1日券 8,800円(税込)
・2日通し券 17,600円(税込)
【童札(わらべふだ)】
・1日券 3,300円(税込)
・2日通し券 6,600円(税込)
※童札は、2023年7月時点で小学生(生年月日が2011年4月2日〜2017年4月1日)の方が申込み可能。必ず大人の方(通常札購入者)と一緒に来場してください。童札のみでの入場はできません。


この記事をツイート

この記事の関連情報