スティーヴ・ハウ、イエスのクラシック・ラインナップでの再結成「1991年のことがあるから…」

ツイート

Photo by Gottlieb Bros.

イエスのクラシック・ラインナップによる再結成を望んでいるファンは多いだろうが、スティーヴ・ハウ(G)は、1991年に行ったツアーでの体験を踏まえると気が進まないそうだ。

◆イエス画像

イエスは1991年、ジョン・アンダーソン、ビル・ブルーフォード、スティーヴ・ハウ、トニー・ケイ、トレヴァー・ラビン、クリス・スクワイア、リック・ウェイクマン、アラン・ホワイトのラインナップで<Union>ツアーを開催した。

『Classic Rock』誌のインタビューで、この先、クラシック・ラインナップの誰かとリユニオンする可能性はあるかと問われたハウはこう答えた。「それには、完全に抵抗感がある。なぜなら、<Union>ツアーでの失敗を覚えているからだ。あれは、本当に本当に大変で、制御不能だった。“もしかしたら、いつか”って考えるときもあるよ。絶対ないとは言いたくないからね。でも、基本的にあるとは思えない」

「僕はジョン(・アンダーソン)のことを愛してる。僕らはふたりとも年を取った。やるとしたら、楽しんでできるっていうのが唯一の条件だ。必要なかったり求めていない重荷を、急に背負うつもりはない。僕の音楽は常に僕を導いてくれる。それはいま、そういうことをやれとは言っていない。前へ進めと言っている」

イエスは今年、UK/ヨーロッパ・ツアーを開催するはずだったが、パンデミックやロシアのウクライナ侵攻が起きたことでツアーに保険がかけられなくなったのを理由に中止した。次回は2024年5~6月にUKでツアーを開催する予定。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報