ポール・マッカートニーの写真展、2024年夏に東京で開催

ツイート
左: Paul McCartney, self portrait, London 1963-4 (C) 1963-4 Paul McCartney 中: John and George, Paris. 1964 (C) 1964 Paul McCartney 右: Ringo Starr, London 1963-4 (C) 1963-4 Paul McCartney.

英国ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーで開かれているポール・マッカートニーの写真展が、2024年夏に<ポール・マッカートニー写真展1963- 64~Eyes of the Storm~>として東京でも開催されることが決定した。

ナショナル・ポートレート・ギャラリーのリニューアル・オープンを記念して6月28日から開催されている<Paul McCartney Photographs 1963-64: Eyes Of The Storm>は、ザ・ビートルズのデビュー初期にマッカートニーが撮影した未公開のプライベート写真の数々が楽しめる写真展。リバプールのバックステージや『エド・サリバン・ショー』出演時の様子など、1963年11月からバンドが初めて渡米した1964年2月までの4か月の間にビートルズ旋風の中で撮影された250点以上を展示する。マッカートニー自身が展示作品の選定を担ったといい、当時についての考察も紹介される。

日本では7月から9月にかけて東京・東京シティビューで開催し、その後、大阪にも巡回する予定とのことだ。

展覧会について、マッカートニーは次のように述べている。

   ◆   ◆   ◆

「撮影から数十年経った今、これらの写真を見ると、ある種の無邪気さがあることに気づく。この時点では、すべてが新鮮だった。でも、この写真を見て、今と何ら変わりがないと思いたい。この写真を見ると、たくさんの物語や特別な思い出が蘇ってくるが、それが私がこの写真を愛し、常に私の想像力を刺激してくれる理由のひとつだ。これらの写真がナショナル・ポートレート・ギャラリーの長い改装を経た再オープンの際に展示決定されたという事実は、畏れ多いと同時に驚くべきものだ。60年後の壁に掲示されるのを楽しみにしている」──ポール・マッカートニー


   ◆   ◆   ◆

<ポール・マッカートニー写真展1963- 64~Eyes of the Storm~>

【東京】
会期:2024年7月〜9月
会場:東京・東京シティビュー
主催:フジテレビジョンほか 以降大阪巡回予定

Exhibition curated by Sir Paul McCartney with Sarah Brown on behalf of MPL Communications Limited and Rosie Broadley for the National Portrait Gallery, London, and
presented by Fuji TV.

MPL Communications
(C) National Portrait Gallery, London.
この記事をツイート

この記事の関連情報