グラストンベリー・フェスで保護されたふくろうのヒナたち、アクセル&スラッシュと名づけられる

ツイート

2週間ほど前、英国の音楽フェスティバル<グラストンベリー>開催中にメイン・ステージの下にいるのが発見され、保護されたフクロウのヒナ2羽が、当時、同ステージでパフォーマンスしていたガンズ・アンド・ローゼズにちなんで“アクセル”と“スラッシュ”と名づけられたという。

◆アクセル&スラッシュ画像

ヒナたちを保護した野生動物の救護団体シークレット・ワールド・ワイルドライフ・レスキューによると、“アクセル”は6月24日、ヘッドライナーのガンズ・アンド・ローゼズのパフォーマンス中にステージ左側のステップ下で発見され、発見者から“アクセル”と命名されたそうだ。そして翌日、別のヒナが同じくステージ下で見つかり、同団体は「こちらは“スラッシュ”と名づけるべきだと決めた!」という。

フェスティバルのノイズや騒動により、巣が捨てられてしまったらしい。“アクセル”と“スラッシュ”は現在、シークレット・ワールド・ワイルドライフ・レスキューの敷地内で元気に過ごしているという。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報