5年ぶりにつま恋で開催された<ap bank fes '23>、3日間で延べ約9万人動員

ツイート


2023年7月15日(土)・16日(日)・17日(月・祝)の3日間、5年振りに静岡県掛川市つま恋にて<ap bank fes '23 〜社会と暮らしと音楽と〜>が開催された。ミュージシャン全16組が参加し、3日間で延べ約9万人を動員。自然溢れる会場では、猛暑のなか多彩なアーティストによる熱いステージが繰り広げられた。

2005年に静岡県・つま恋で初開催された<ap bank fes>は、音楽を気持ちの良い自然あふれる会場で楽しみながら、環境問題をより身近に、より前向きに考えることができる場として、また、様々な取り組みの実践の場としてスタート。昨年のオンライン開催も含めると、今回で13回目の開催を迎えた。

今回の収益は、全てap bankの活動資金となり、社会や暮らしをとりまく環境に対して問題意識を持って取り組むプロジェクトの資金に充てられる。具体的な活動内容については、後日オフィシャルサイトにて報告されるということ。また、<ap bank fes '23>の模様が、U-NEXTにて9月に放送されることも決定した。

今回BARKSでは、<ap bank fes '23>のオフィシャルレポートを掲載する。

  ◆  ◆  ◆

5年ぶりにつま恋に<ap bank fes>が帰ってきた。つま恋は<ap bank fes>のホームグラウンドとも言える場所だ。コロナによるパンデミックを挟んで、この5年、世界を取り巻く様々な情勢はより緊迫したものとなっている。そもそも同フェスは環境保全や自然エネルギーの促進など、我々により身近な問題を、音楽を通して実感し考えることをテーマに掲げている。その意味で「社会と暮らしと音楽と」というサブタイトルを新たに付記し、それが自然と受け入れられている状況は、ap bankの発足から20年、フェスも含めたその活動の重要性が増している証拠だと言える。





小林武史(key)、櫻井和寿(vo&g)を中心としたBank Bandが登場し、<ap bank fes ‘23>がスタートした。オープニングは「よく来たね」。〈今年もいっぱい遊ぼう 笑顔をいっぱいつくろう〉の歌詞が早くも会場を幸福感で満たす。このフェスの特徴は、独自のテーマを持っていることもそうだが、日本を代表するミュージシャンによるスーパーバンドであるBank Bandがホストを務めるパートがあるということが挙げられる。

Salyu(15日)、真心ブラザーズ(15日)、ハナレグミ(16日)、KREVA(17日)といった<ap bank fes>ではお馴染みのアーティストたちから、アイナ・ジ・エンド(16日)、長屋晴子/緑黄色社会(17日)といった初出場の若手アーティスト、そして宮本浩次(15日)、小田和正(16日)まで、豪華ラインナップでのセッションが今回も実現した。

▲Bank Band & 櫻井和寿

▲Salyu

▲真心ブラザーズ

▲ハナレグミ

▲KREVA

▲長屋晴子

宮本浩次が最後に披露した「東京協奏曲」では「会うたびにポジティブにしてくれる男」と櫻井を呼び込み、リスペクトが感じられる最高純度の“歌い合い”を目撃できた。<ap bank fes>への愛あふれる装いで登場した小田和正は、「たしかなこと」での櫻井とのハーモニーがとにかく美しく、シンプルに歌の力が伝わってくるパフォーマンスだった。「生まれ来る子供たちのために」はオフコース楽曲のセルフカバーでもあり、Bank Bandがカバーしたこともある名曲だ。最後の一節〈その力を与え給え 勇気を与え給え〉というフレーズが一筋の光のように会場に降り注いだ。

▲宮本浩次

▲小田和正

また、アイナ・ジ・エンドは10月に公開となる主演映画『キリエのうた』の主題歌「キリエ・憐れみの讃歌」を披露した。同映画の音楽を担当した小林武史との初ライブで見せたパフォーマンスは特筆に値するほど衝撃的だった。



▲アイナ・ジ・エンド

今回から加わったのは1日1組の[Individual Act]。Anly、チャラン・ポ・ランタン、MOROHAといった、オンリーワンなパフォーマンスを展開するアーティストが会場を沸かせた。

▲Anly

▲チャラン・ポ・ランタン

▲MOROHA

また、転換中にも新しい試みが行われた。ビジョンにはap bank発足のきっかけを作った坂本龍一や文化人類学者の辻信一など様々な識者や著名人の言葉が次々に映し出されていく。深く納得させられたり、新たな気づきを得たり、音楽を楽しみながらも考えることの大切さを実感させられる「言葉のリレー」だった。

back numberは2日目と3日目にBand Actで登場した。音楽とこのフェスへのリスペクトに溢れるステージは、見ている者の心を鷲掴みにするものだった。エモーショナルとセンチメンタルを程よくブレンドしたメロディが夕空になったつま恋に溶けていく様は、まるで一編の映像作品のようだった。「どうしても自分と向き合わなきゃいけない時にあるのが音楽なんだ」と清水依与吏が語った後に披露した「水平線」は、MCでの言葉とも合わさって多くの人の心の大切な部分にすとんと収まっていった。

▲back number

Bank Bandとともに3日間通して出演したのはMr.Children。「CROSS ROAD」のイントロだけで会場を沸かせる存在感は別格だ。今回はBank Bandのメンバーともコラボレーションしながら特別なステージをつくりあげた。1日目は「横断歩道を渡る人たち」「幻聴」、2日目は死生観や永遠性を色濃く反映させた「pieces」「ゆりかごのある丘から」「花の匂い」など選曲ひとつひとつが『ap bank fes』に来てくれたオーディエンスのために考え抜かれているように感じられ、音楽の深い部分を感じとることのできるパフォーマンスだった。3日目の後半に入るMCで桜井がこんな舞台裏を明かしてくれた。「本当に暑い中会場まで足を運んでくれたみんなに何かできないかなって思ってたら、鈴木くん(Dr.)がこう言ったんです。『今日暑いから曲変えない?』って。みんなが喜ぶやつ、みんなで一緒に歌えるやつ行くよ!」。「HANABI」「名もなき詩」の大合唱がつま恋にこだました。



▲Mr.Children

<ap bank fes ‘23>のラストを飾るのは、櫻井和寿、小林武史の2人だけによるシンプルなステージだ。小林の鍵盤で櫻井が「HERO」を歌唱し、続いてSalyuを呼び込んで披露したのは、アンセムとも言えるこの曲、「to U」だ。



▲Bank Band & 櫻井和寿 & Salyu

「つくづく思うのは、皆さんがこのフェスを作ってくれてるってこと。こんなにあったかいフェスは、オーディエンスは、他にはないと思っています。僕らの誇りです」(櫻井)

3人が紡ぐ美しいハーモニーが3日間つま恋に集まってくれた約9万人をひとつにした。

文:谷岡正浩
撮影:山川哲矢 / 藤井拓 / 後藤壮太郎 / 高田梓

  ◆  ◆  ◆

<ap bank fes '23 〜社会と暮らしと音楽と〜>

2023年7月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝)
開園 9:00 [つま恋南ゲート] / 開場 10:00 [フードエリア] 11:00(予定)[ライブエリア]
開演 15:00 / 終演 19:30(予定) フードエリアは21:00まで / 閉場 21:00 / 閉園 21:30
会場:つま恋リゾート 彩の郷 (多目的広場、スポーツ広場、第2多目的広場 他)

<出演者>
7月15日(土)
【Bank Band with Great Artists】小田和正 / Salyu / 真心ブラザーズ /宮本浩次
【Band Act】 Mr.Children
【Individual Act】Anly

7月16日(日)
【Bank Band with Great Artists】アイナ・ジ・エンド / ハナレグミ
【Band Act】back number / Mr.Children
【Individual Act】チャラン・ポ・ランタン

7月17日(月・祝)
【Bank Band with Great Artists】KREVA / 長屋晴子(緑黄色社会)
【Band Act】back number / Mr.Children
【Individual Act】MOROHA

Bank Band are
小林武史(Keyboards) / 櫻井和寿(Guitar & Vocal, Chorus) / 小倉博和(Guitar) / ⻲田誠治(Bass) / 河村“カースケ”智康(Drums) / 山本拓夫(Sax, Flute) / ⻄村浩二(Trumpet) / 四家卯大(Cello) / 沖祥子(Violin) / イシイモモコ(Chorus) / 小田原 ODY 友洋(Chorus)

この記事をツイート

この記事の関連情報