望月琉叶、ドラマチックな本格演歌作品「百年の冬」リリース

ツイート

望月琉叶が、9月20日にニューシングル「百年の冬」をリリースすることが決定した。

◆望月琉叶 画像

望月は2022年10月からボカロPとのコラボレーション作品を5ヶ月連続で発表してきたが、演歌・歌謡曲作品としては22年2月にリリースした「ピンクのダイヤモンド」以来1年7ヶ月ぶりの作品となる。

「百年の冬」は前作に続いて、作曲に「舟唄」(八代亜紀)「望郷じょんから」(細川たかし)など、歌謡史に残る数々の大ヒット曲を生み出した浜圭介を迎えた。これまで望月が発表してきた演歌作品から更に進化した本格演歌作品となっている。

源平合戦の地・鎌倉が舞台となった作品は、源義経と静御前との悲恋の物語を題材とした、スケール感のあるドラマチックな楽曲だ。止まぬ雪が叶わぬ恋の悲しみを表現し、間奏でつぶやかれる「男はみんな 女の敵(かたき) 憎い憎い 女の敵(かたき)」という台詞が印象的な歌詞となってる。

また、「百年の冬」の発売を記念して、デビュー3周年コンサートが11月18日に大分・別府国際コンベンションセンター・フィルハーモニアホールで開催されることも決定した。過去最大級となるソロコンサートは、望月のこれまでの活動の集大成となる。新世代演歌歌手の今後の活躍にますます注目だ。

   ◆   ◆   ◆

■望月琉叶 コメント

今回の作品は私の出身地の神奈川を舞台にした作品で子供の頃からよく行っていた場所の地名がでてくるので情景を浮かべながら歌いました。浜圭介先生、渡辺なつみ先生に大変素晴らしい作品を頂きました。この曲を日本に留まらず世界でも歌っていきたいと思います。

   ◆   ◆   ◆

リリース情報

ニューシングル「百年の冬」
2023年9月20日(水)リリース
COCA-18144 ¥1,500(税込)

作詩:渡辺なつみ 作曲:浜 圭介 編曲:若草 恵
各配信サイトにてストリーミング&ダウンロード

【収録曲】
01.百年の冬
02.(未定)
03.(未定)

この記事をツイート

この記事の関連情報