【ライブレポート】THE ALFEE、結成50周年に「未だゴールは見えず」

ツイート

まもなく結成50周年を迎えるTHE ALFEEが、夏のイベント<THE ALFEE 2023 Summer Genesis of New World 風の時代★夏>を7月29日30日の2日間、横浜アリーナにて開催。延べ24,000人のファンの前で最新曲「鋼の騎士Q/Never Say Die」を含む計38曲を披露した。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆THE ALFEE画像

   ◆   ◆   ◆

結成50周年という大きな節目となる2023年は、1月より生配信番組『Come on ! ALFEE !! Season6』をスタート、4月から7月にかけては春のコンサートツアー全27本を開催。そして5月には東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『グランマの憂鬱』の主題歌となったシングル「鋼の騎士Q」をリリース。このシングルはオリコンシングルチャート初登場第2位となり、シングル57作品連続TOP10入りの偉業を果たした。

立ち止まることなく、つねに精力的な活動を続けながら迎えた結成50周年の夏。奇跡ともいえる長い歴史を刻んだバンドの底力を、心と体に焼き付けた2日間となった。


「横浜アリーナの夏イベは2021年に無観客でやらせてもらいました。それに比べ今夜は夢のような世界、最高ということです。」(坂崎)


「本当に毎日暑くて皆さんも大変だと思いますが、この暑い中みんなで外よりも熱い夜をありがとうございました。」(桜井)


「結成時が1973年、かなり長いですね。考えてみると、ここまで失ったものそれは若さ。その代わりに積み重ねてきた時間、経験値があります。
諦めずこの道を歩いてきて皆に出逢えて本当に良かったです。これからの僕たちにどのくらいの時間があるかわからないけど、できる限り3人でステージに立ち続けるつもりです。
もうしばらく僕らにお付き合いください。もちろんまだまだ先は長い、未だゴールは見えずです。古希を恐れずまっしぐら!全国から集まってくれて本当にありがとう。この秋それぞれの街でまた会いましょう。風の時代はまだまだ続きます。」(高見沢)

コンサート通算本数も2864本となり、日本のバンドの最多記録を更新。10月からは秋の全国ツアー、そして12月23日24日本武道館、29日に大阪城ホールでの冬の公演も決定している。ゴールの見えない前人未到の道を突き進む3人を見届けたい。


撮影◎上飯坂一

   ◆   ◆   ◆

リリース情報

Double A Side Single「鋼の騎士Q / Never Say Die」
2023年5月17日発売
※鋼の騎士Q
東海テレビ・フジテレビ系 全国ネット 土ドラ『グランマの憂鬱』主題歌

この記事をツイート

この記事の関連情報