ロバート・フリップ夫妻、ロバート・プラントを前にレッド・ツェッペリンの曲をパフォーマンス

ツイート

キング・クリムゾンのフロントマン、ロバート・フリップとシンガーのトーヤ・ウィルコックス夫妻は、この夏、『Sunday Lunch』シリーズを撮影している自宅キッチンから飛び出し、英国各地で開かれた様々なフェスティバルでブラック・サバスやレッド・ツェッペリン、デヴィッド・ボウイ、クリーム、ガンズ・アンド・ローゼズなどの曲をパフォーマンスしてきたが、そのライヴの一つで、ロバート・プラントが見守る中、レッド・ツェッペリンの曲をプレイしていたそうだ。

◆関連画像

トーヤは、8月10日にオックスフォードシャー州で開かれたフェスティバル<Fairport's Cropredy Convention>に出演した際、「私たちは次の曲をセットリストに加えられたことをものすごく誇らしく思ってる。私たちが愛してやまない人により作られた」と話し、レッド・ツェッペリンの「Kashmir」をパフォーマンスし始めたそうだ。そして、演奏後、「私たち、すごく光栄に思ってるの。ミスター・ロバート・プラントが今夜、オーディエンスの中でこれを観てるんだから」と明かしたという。

2020年春、パンデミックにより英国でロックダウンが実施されたのを機に、コミカルにカヴァー・ソングを披露する『Sunday Lunch』シリーズをスタートさせた夫妻は、サマー・フェスティバル出演に続き、9月終わりから英国で<Sunday Lunch Rock Party>ツアーを開催する。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報