GLAYのTERUが自身2回目の絵画展を開催。今回は建築家&アート作家・TAKUMI&若手画家・藤倉朱里との合同展

ツイート

GLAYのTERUが11月8日〜11月14日に金森赤レンガ倉庫 函館ヒストリープラザにて、自身2回目となる絵画展を開催する。

今回は『THREE COLORS EXHIBITION』と題し、TERUと交流のある建築家&アート作家TAKUMI氏、函館在住の若手画家藤倉朱里氏との3人展での開催となる。コンセプトに“過去・現在・未来 ―連鎖する創造性―”を掲げ、三者が世代を超えた交流と共創の場を創出する。

連日チケットがソールドアウトした一回目の個展から規模、内容共に進化した今回は、特色の異なる稀代のアーティスト達の共演ということで、開催への期待が膨らむ。

『THREE COLORS EXHIBITION』

TERU、建築家&アート作家・TAKUMI、画家・藤倉朱里による3人展

開催日程:11/8(水)〜11/14(火)

開催時間:
1回目10:00〜10:45
2回目11:00〜11:45
3回目12:00〜12:45
4回目13:00〜13:45
5回目14:00〜14:45
6回目15:00〜15:45
7回目16:00〜16:45
8回目17:00〜17:45
9回目18:00〜18:45
※各回45分間の入れ替え制。
会場:北海道・函館 金森赤レンガ倉庫 函館ヒストリープラザ

【チケット料金】入場券 2000円(税込)A4サイズクリアファイル付き
※入場順整理番号付き

【ローソンチケット販売スケジュール】
・一次受付9/11(月)15:00~9/18(月)23:00
https://l-tike.com/st1/three-colors-exhibition

・二次受付9/26(火)15:00〜10/3(火)23:00
https://l-tike.com/st1/three-colors-exhibition2

・一般発売 ※先着順販売
10/15(日)15:00より発売開始。
https://l-tike.com/st1/three-colors-exhibition2023-ticket
※先行にて販売終了の開催回の、お取扱はありません。

【枚数制限】:お一人様6枚まで。 ※複数回ご購入可能。

アーティストプロフィール

・TERU
GLAYのヴォーカリスト。昨今ではGLAYのシングル楽曲を数多く手がけているが、各アーティストからの依頼により、楽曲提供やプロデュースなども精力的に行っている。また、音楽活動の他、エイズ予防キャンペーンの一環のレッドリボンライブへの長年のレギュラー出演や、ホワイトバンドプロジェクトへの参加、東日本大震災・熊本地震の復興支援活動などにも力を注いでいる。6月には、自分の歌を音と捉え可視化したらどう表現できるか?そんなテーマで描き続けた作品を展示した初個展“音の可視化”をあうん堂で開催した。

・TAKUMI
処女作 Maison de Miroir で世界的写真家 フランソワ・アラールに見出され、現在ホテル、テーマパーク、舞台美術、企画展構成など建築以外でも国内外で
幅広くプロジェクトを進行中。近年は唯一無二の舞台美術でバレエ界から数多くのオファーを受けている。
2022年にペニンシュラホテルにてウイスキーコラボを制作。2023年8月にチャイコフスキーの旅の舞台美術を担当。Steidl Book Award 2016グランプリを受賞。Steidl社にて作品製作中。TERUさんきっかけに函館に月1来道。函館の魅力に夢中。

・藤倉朱里
2020年 日本テレビ「誰も知らない明石家さんま」画商企画に参加・出演。油彩のデビュー作「見つめる子供」が「画商さんま」さんの手により売却される。
2021年拠点を函館に移動。函館国際ホテルで初の個展『Me 脳 COLOR』を開催。2022年3月あうん堂で個展「未完ドロップ」開催。函館国際ホテルで個展『吐露 STYLE』開催。大丸札幌店で個展『救世BEAM』開催。2023年にあうん堂で『BUG』開催。今回で10代最後の函館での展示となる。
この記事をツイート

この記事の関連情報