【ライヴレポート】DEZERT、渋公ワンマンでメジャーデビュー発表「いや、別にしてもえぇやろ!」

ツイート
no_ad_aritcle

DEZERTが9月23日、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にてワンマンライヴ<DEZERT SPECIAL LIVE 2023 -DEZERT->を開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。

◆DEZERT 画像

木は酸素を生み出し、伸ばした根で森の水源を守り、実をつけることもあれば、鳥たちの休み処や巣にもなるうえ、時には何かを記念する印として植えられたり、伸ばした枝葉の下には人々が集うこともある、どこか特別な植物だと言えよう。木は自らも年輪を重ねて生き続けながら、多くの生命を支える頼もしい存在でもあるわけだ。

9月23日にLINE CUBE SHIBUYAで開催された<DEZERT SPECIAL LIVE 2023 -DEZERT->のアンコールにおいて、彼らが初披露した新曲には「The Heart Tree」というなんとも象徴的なタイトルが冠せられていた。

“本当はひとりじゃないんだって 信じたい そう信じたい ここはそんな心が埋まる場所”
“この場所が あなたの居場所になりますように”
──「The Heart Tree」より


まだライヴの場で1回聴いただけではあるものの、この「The Heart Tree」なる楽曲の中で歌われているのは、今現在のDEZERTが胸にしているのであろう真摯な願いと誓いの両方であるように思えてならなかった。というのも、この曲が奏でられる前にはフロントマンの千秋が近々のライヴ情報などを報告したその流れで、かなり唐突かつサラリとではあったが、以下の発表をしたからだ。

「来年2024年の1月に日本クラウンからメジャーデビューします」──千秋

あまりにしれっと、もとい、自然な口調で告げられた重大発表であったため、オーディエンスの多くは当初やや当惑気味に「え?ん?えーっ?!」と、祝福モードというよりは驚きを含んだ雰囲気のリアクションをすることに(笑)。

「いや、別にしてもえぇやろ! なんや、あかんのけ。もう12年もやってねんぞ。それに、俺らどっちか言うたらメジャー寄りやろ? まぁ、別に曲調変えろとかは言われてないんで。もし、テレビに出たら「「殺意」」を歌うから(笑)」──千秋

インディーズのフィールドで長く活動してきたとはいえ、今回のLINE CUBE SHIBUYA公演については見事に3階席も含めて全席ソールドアウトしており、ここまでには完成度の高い音源もコンスタントに生み出し続けていることなどをかんがみると、ともすればファンの方々の中には「今さらメジャーデビューの必要ってある?」的な疑問を感じる方がいるやもしれない。だが、そこについては千秋がこの場でこうはっきりと述べてくれたのだった。

「一緒に音楽を作りたい人と出会った、っていうことです。アルバムはもう録り終えてるので、乞うご期待」──千秋





ちなみに、話は前後してしまうが、この夜のライヴは「君の脊髄が踊る頃に」から始まった本編も、聴きどころ・見どころ満載で、今年6月から始まり8月27日の大阪公演まで続いた<DEZERT LIVE TOUR 2023 “きみの脊髄と踊りたいんだっ!!ツアー”>を経てきた成果というものが、全編にわたり活かされていたと言っていい。

「大々的にはうたってないけども、俺たちはこの9月で結成12周年なんですよ。まぁ、わりと真面目な話をすると、その中ではたくさん別れもあり、たくさん出会いもあり、でもそんなことはバンドを始めた時の俺はどうでもよくて。
自分のことばっか、自分がどう幸せになるのかのために始めたバンドやねんけども、活動していくと否応なしに人が減って、人が増えてを繰り返していって、そのたびにキュッと心がしめつけられることもあるんですが、それでも俺を信じてくれる仲間がいるからね。
今日は“スペシャル”って言っても俺らの全部を出し切るとかじゃなく、演出とかも含めた意味でのスペシャルなライヴを楽しんでいってください」──千秋

なお、このたびの<DEZERT SPECIAL LIVE 2023 -DEZERT->は3年前の2020年11月23日に開催された<DEZERT SPECIAL LIVE 2020 “The Today”>とのつながりも持っていたという意味でもスペシャルなライヴだったようで、千秋はこのような言葉もMCにて発していた。

「時が経つのは早いもので、2019年からの記憶を辿るともうあれが4年前なんですけどね。11月に『black hole』というアルバムを出して、2020年の3月からツアーが始まった頃に世界がちょっとああいう感じになって、ライヴが出来なくなって、そこから初めてライヴやった場所がここやってんな」──千秋

コロナ禍にあっても無観客配信ライヴの類いを敢えて一切やらず、ようやく9ヵ月ぶりのライヴとして行った<DEZERT SPECIAL LIVE 2020 “The Today”>で彼らがみせた勇姿は、今思い出してもつい胸が熱くなる。50%キャパ制限を遵守し、公演中には換気時間を設け、来場者全員の検温を実施。もちろん、場内ではマスク必須、声出しも禁止で規制だらけ。それでも彼らの気迫を感じる熱演は、どこまでもリアルだった。

「あの時は、初めて「ミザリィレインボウ」を本編の最後でやったんですよ。そこから2021年もずっとやり続けて、個人的には俺の心が救われた曲になったんでね。今日もその曲で本編が終われたので、ちょっと感慨深かったです」──千秋



Miyakoの弾く温かなギターの音が沁みるように響いた未音源化レア曲「ともだちの詩」、Sacchanのクセツヨで最高にクールなベースワークがはじけた「モンテーニュの黒い朝食」、千秋がDEZERT初期の頃を彷彿とさせるようなパフォーマンスで聴衆を煽り倒した「infection」、SORAが上半身裸になってソリッドな筋肉美とその鍛えられた身体を駆使してパワフルなプレイを展開した「Dark In Black Hole」。

そして、観衆によるシンガロングで場内がいっぱいに充たされた「「遺書。」」に、千秋がわざわざ「バンドが綺麗事を歌わねぇで誰が歌うんだよ!」と訴えてから演奏されることになった「僕等の夜について」。今宵「ミザリィレインボウ」までの間に演奏された曲たちも、どれもこれもわたしたちの心を揺さぶり、惹きつけるものばかり。

「俺たちDEZERTの物語は、12年前から始まりました。いろんなことがあったけど、コイツ(※Miyakoを指差す)が入ってくれたり、SORAくんが支えてくれたり、Sacchanはまぁいいか(笑)。一度きりの人生、もう鬱々しく生きるのは厭なんで。本音を言いますと、あなたたちにもDEZERTという物語の一部になっていただきたい。きっと多分、また俺はダメなことをすると思うんだよ。そんな俺を支えてとは言わないけど、一緒にこの時代に生まれて生きてるんだから。あんたらもDEZERTになってよ。俺たちはそういうバンドだよ」──千秋



さて。再びここで話は前後するが、アンコールでメジャーデビュー発表をしたあとに「The Heart Tree」を提示し、ひとつの意思表明をした彼らが、当夜、その直後に「「殺意」」を選曲していたことも実は非常に重要なポイントであったと思われる。なにしろ、ここでは本来“量産型の音楽だけ金に変えて生きる君を…君を~”と歌われる曲後半部分が、意図して“量産型の音楽だけ金に変えて生きる僕を…僕を~”と歌い替えられていたのだ。一見この自虐的にも思えるくだりは、つまり“絶対にそうはなるものか”という千秋自身による戒めであったと同時に、もしDEZERTのメジャー進出に対してなにかしら非を唱える者たちがいるのだとしたら、それらに向けてのシニカルな投げ掛けでもあった…とみるのは少々穿った考えだろうか。

「2020年、あの時ここに置いてきた何かを今日は拾いに来たんだけど。それが何かはわかんねーからさ。とりあえず、この曲をぶっぱなして素敵な夜にしようぜ」──千秋

なお、ここで聴けた「TODAY」というのが実に不思議な曲で、これはその時のバンドの状況や、ライヴの雰囲気によって、さまざまに聴こえ方が変わる特徴を持つものとなる。過去にはヒリついた緊張感、そこはかとない悲壮感、はたまた優しい包容力をも醸し出してきた曲だが、この時の「TODAY」に漂っていたのは圧倒的な頼もしさ。

「最後にひとことだけ。俺たちDEZERTは必ず!近い将来、日本武道館でワンマンライヴをしようと思ってます。そこを新しい出発点にするために目指してるんです。だから着いてこいとかは言わないよ。もし、その時が来たら最後は絶対に次にやる曲で終わるからさ。今日はその前哨戦だ!」──千秋

実際に、このライヴが終了すると同時にLINE CUBE SHIBUYAの舞台上LEDには“2024年 日本武道館”の文字とバンドロゴが踊ったというのに。アンコールの最後で彼らが投下したのは、三つ子の魂を感じさせる鬱屈激烈チューン「「切断」」。



要するに。DEZERTを木にたとえるなら、葉は食用、樹皮は薬用、秋には観覧植物としても黄葉を楽しめる一方、枝や芽には外敵から身を守る鋭い棘を装備した針桐あたりに近いのかもしれないが。自らも年輪を重ねながら、多くの人々の心を支え、その木の下には人が自然と集うかのような存在感を持つバンドとして、ここからのDEZERTはさらに飛躍するべく枝葉や幹をより強く逞しく育んでいくことになるはずだ。

取材・文◎杉江由紀
撮影◎西槇太一

■<DEZERT SPECIAL LIVE 2023 -DEZERT->2023年9月23 日(土・祝)@東京・LINE CUBE SHIBUYA セットリスト

01. 君の脊髄が踊る頃に
02. 再教育
03. 胃潰瘍とルソーの錯覚
04. Sister
05. ともだちの詩
06. モンテーニュの黒い朝食
07. infection
08. Dark In Black Hole
09. 眩暈
10. 感染少女
11. 肋骨少女
12.「君の子宮を触る」
13.「遺書。」
14. 僕等の夜について
15. ミザリィレインボウ
encore
en1. The Heart Tree
en2.「殺意」
en3.「秘密」
en4. TODAY
en5.「切断」

■メジャー1stアルバム

2024年1月発売決定
※詳細後日発表

■日本武道館公演

2024年
※詳細後日発表

■<DEZERT PARTY vol.14 -EXTRA Edition- DEZERT vs MUCC ~LAST SHINJUKU BLAZE~>

2023年11月24日(金) 東京・新宿BLAZE
open18:15 / start19:00
出演:DEZERT / MUCC
▼チケット
オールスタンディング ¥6,600(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
※未就学児入場不可
※営利目的の転売禁止
一般発売日:11月4日(土)
【DEZERT ひまわり会 FC1次・MUCC 朱ゥノ吐+SWAMP会員先行】
受付期間:9月23日(土/祝)21:00~10月1日(日)21:00
【DEZERT ひまわり会 FC2次・MUCC 朱ゥノ吐+会員先行・虚無僧DU MODE会員先行】
受付期間:10月5日(木)13:00~10月11日(水)21:00
【各バンドオフィシャルHP先行受付(抽選)】
受付期間:10月14日(土)13:00~10月22日(日)21:00
※詳細はDEZERT・MUCC オフィシャルサイトをご確認ください。
※e+抽選受付 ※1人2枚 ※スマチケのみ ※分配可 ※同行者登録有り

■<V系って知ってる! -VISUAL ROCK COUNT DOWN 寸前GIG 2023->

12月31日(日) 東京・EX THEATER ROPPONGI
open12:30 / start13:30 ※終演21:00予定
出演:DEZERT、キズ、甘い暴力、色々な十字架、鐘ト銃声、グラビティ、ビバラッシュ、Ashmaze.、CHAQLA.、HOWL、nurié、VIRGE
▼チケット
スタンディング ¥8,000(税込)
指定席 ¥10,000(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
※再入場 1回有効(再入場詳細は後日発表します)

■DEZERT 2024年 LIVE <?????????>

1月13日(土) 渋谷 WWW X
1月14日(日) 渋谷 WWW X

■<Album Release Tour Phase_1>

▼2024年
2月03日(土) 仙台darwin
2月10日(土) 福岡 BEAT STATION
2月12日(月・祝) 広島セカンドクラッチ
2月17日(土) 名古屋 DIAMOND HALL
2月24日(土) 大阪 BIGCAT
3月02日(土) 渋谷 Spotify O-EAST
3月09日(土) 札幌 cube garden
3月10日(日) 札幌 cube garden

■<Album Release Tour Phase_2>

▼2024年
3月29日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO
4月14日(日) 沖縄 Output
4月20日(土) 金沢 AZ
4月21日(日) 岐阜 CLUB ROOTS
4月28日(日) 目黒鹿鳴館
4月29日(月・祝) 目黒鹿鳴館
5月11日(土) 新潟 NEXS
5月12日(日) 長野 CLUB JUNK BOX
5月18日(土) 鹿児島 SR HALL
5月19日(日) 熊本B.9 V2
5月22日(水) 岡山 ペパーランド
5月23日(木) 神戸 太陽と虎
5月25日(土) 高松DiME
5月26日(日) 松山 サロンキティ
6月01日(土) 静岡 Sunash
6月02日(日) 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
6月08日(土) 京都 MUSE
6月09日(日) 奈良NEVERLAND
6月15日(土) 青森 Quarter
6月16日(日) 盛岡 the five morioka
6月22日(土) 三郷市文化会館 大ホール

この記事をツイート

この記事の関連情報