ボブ・ディラン、<Farm Aid>にサプライズ出演

ツイート

ボブ・ディランが、週末(9月23日)、米インディアナ州で開催された慈善公演<Farm Aid>にサプライズ出演した。

<Farm Aid>は、ディランが1985年7月に<Live Aid>に出演した際、アメリカの個人経営や小規模な農場が困難な状況にあることを訴えたのをきっかけに、ウィリー・ネルソンがニール・ヤングとジョン・メレンキャンプの助けを得て企画したのが始まりだと言われている。1985年9月に第1回が開催され、ディランはその初回と翌年、2年続けて出演していた。

今年はあらかじめ告知されていたわけではなく、ディランは、この夜のヘッドライナーだったネルソンの前に突然登場しオーディエンスを驚かせたという。トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのメンバーだったマイク・キャンベル(G)、ベンモント・テンチ(Key)、スティーヴ・フェローン(Dr)らをバックに、「Maggie’s Farm」「Positively 4th Street」「Ballad Of A Thin Man」の3曲をプレイしたそうだ。

登場したとき同様、ステージを去るのも素早く、言葉を発することはなかったという。

ボブ・ディランは10月1日に新たな北米ツアーをスタートする。

Ako Suzuki



この記事をツイート

この記事の関連情報