ヤマハ、音楽の街づくり(おとまち)事業でラグーナベイコート倶楽部と協業

ツイート


ヤマハが取り組んでいる事業のひとつに、音楽の街づくり(おとまち)事業がある。日本各地の自治体や企業、商店街、マンション、イベントなどの多様なコミュニティで、音楽を通じた地域の活性化や共有価値を創造するという取り組みだ。

そんななかで、「ラグーナベイコート倶楽部」との協業により、訪れる会員が音楽と出会い自ら楽器演奏を体験することで、新たな趣味に出会う機会や音楽を通じたコミュニティが創出されることを目指すプロジェクト「一音一会」をスタートさせる。

リゾートホテルが音楽を通じて人と人とをつなぐ場所となるべく、2023年10月27日(金)には「ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」(愛知県蒲郡市)でホテルサロンコンサートも開催となる。クラシック、ジャズ、ポップスなどのクオリティの高い演奏が気軽に楽しめるイベントとなっており、さらに2023年12月8日(金)にはジャズの最前線で活躍する若手プレイヤーを集めた『Z EXPRESS BIG BAND』のディナーショーも予定されている。

さらに2024年1月には、リゾートトラスト社施設の会員やホテルの利用者会員が楽器演奏を体験できるプログラムもスタートし、音楽を愛する仲間とのコミュニケーションの場や地域との音楽を通じたつながりを目指すという。

ヤマハおとまち「一音一会」プロジェクト

■フェーズ1 サロンコンサート/ディナーショー
クラシック・ジャズ・ポップスなど、さまざまなジャンルの音楽を、毎回テーマを変えてアーティストが演奏します。クオリティの高い生演奏を間近で聴くことで音楽への期待感を高めます。
■フェーズ2 楽器体験企画
憧れの楽器を自由に気軽に体験できる、楽器体験イベント『TOUCH & TRY』や、楽器を制作するワークショップ、シンプルな打楽器を使いリズムアンサンブルを作り上げる参加型レクリエーションの『ドラムサークル』などで、楽器や演奏の楽しさを体験いただきます。
■フェーズ3 アンサンブル体験
管打楽器の愛好家たちで一緒に大合奏を楽しむ演奏会『ブラス・ジャンボリー』など、会員同士の新たなつながりを醸成するイベントを実施します。
■フェーズ4 音楽フェスティバル
ホテル近隣の屋内外施設で音楽フェスティバルを実施することで、ホテル発信で地域が音楽でつながるまちづくりを実現します。
※現時点ではフェーズ2までの実施が決定しています。

ヤマハ 音楽の街づくり(おとまち)事業

ヤマハの“おとまち”(音楽の街づくり事業)は、音楽の持つ“人と人とをつなげる力”を使って、持続可能なコミュニティづくりをサポートする事業です。産業振興やにぎわい創出などの地域活性化に取り組む自治体、企業などに対し、地域コミュニティバンド、音楽ワークショップの人材育成のプロデュースなど、地域の価値を高める街づくりのソリューションを提供しています。
◆音楽の街づくり(おとまち)事業ウェブサイト

ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

2019年3月に開業した完全会員制リゾートホテル。海岸線に沿って描かれた「波」のような曲線と、海に向かって大きく突き出たダイナミックなフォルムが印象的な外観は、“Futuristic Luxury(フューチャリスティックラグジュアリー)”をデザインコンセプトに、素材やインテリアも煌くような光沢感にこだわり、近未来のラグジュアリーな空間で、訪れた方に非日常を提供しています。
◆ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾートウェブサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報