くるり主催<京都音楽博覧会2023>、初日公演レポート

ツイート

くるり主催の音楽イベント「京都音楽博覧会2023 in 梅小路公園」の初日公演が、10月8日に京都・梅小路公園 芝生広場で開催された。

<京都音楽博覧会>は、京都市の中心部に位置する梅小路公園を舞台に、2007年より毎年開催しているくるり主催のイベント。国内外問わず数多くのアーティストを招致し、良質な音楽を届けるのはもちろんのこと、“環境・文化・音楽”をコンセプトに、くるりのメンバーが厳選した京都のお店を紹介する“音博マーケット”が出店されたり、2022年は梅小路公園にコンポストを設置し、フードエリアで出る食材の使い残しや食べ残しを堆肥に変える取り組みとして“資源がくるりプロジェクト”が実施されたりと、秋の風情を感じつつ、様々な文化の発信・交流点となる一大イベントとして定着してきた。そんな歴史を辿る京都音博が、17回目となる今年、初の2daysで開催。その初日公演のレポートだ。

●羊文学
トップバッターは塩塚モエカ(Vo,Gt.)、河西ゆりか(Ba.)、フクダヒロア(Dr.)からなる羊文学。ここ数年でどんどんスケールアップし、来年春には横浜アリーナ単独公演を控える彼女たちは京都音博初出演。岸田から「だいぶ前から注目しており、僕も個人的にめちゃくちゃ好きなバンドです」と紹介されたが、羊文学も昨年リリースのアルバム『our hope』でくるりの音像を参考にするほどリスペクトしている。



黒い衣装で合わせた3人が最初に鳴らしたのは、TVアニメ『平家物語』のOPテーマ「光るとき」。気持ち良く空に溶ける高音の歌声と、情景を描き出すようなサウンドが見る者を惹きつける。最新シングル「more than words」、パワフルな「FOOL」でさらに世界観を色濃くし、MCでは塩塚が「朝から岸田さんと佐藤さんとたくさん話せて夢のよう」と顔を輝かせる。しかも塩塚は乗ると幸せになると言われる京都ヤサカタクシーの「四つ葉タクシー号」に乗ったと告白。「今日私ラッキーガールだから、皆にラッキーを振りまくから」と笑顔で両手を広げ「皆幸せになると良いな」と想いを添えて「マヨイガ」を美しく響かせた。重厚なセッションで会場の熱をじわりと引き上げた「OOPARTS」、代表曲「あいまいでいいよ」を経て、ラストの「夜を越えて」ではノイジーで骨太なグルーヴを叩き込み、最高に上質なサウンドで余韻を残した羊文学だった。

●ハナレグミ
2番手は2018年以来の出演となったハナレグミ。そぼ降る小雨などものともせず「楽しんでいこうぜ~!」と開口一番、ピースフルな歌声を響かせた「My California」からライブはスタート。「みんなの体を温めたい。それには踊ってもらうしかないんです!」と続けた「独自のLIFE」は、自ずと見る者の体が揺れるグルーヴィンな一曲。「後ろまでよく見えてるぜ」とその絶景に喜びつつ、その後もPolarisのオオヤユウスケ、クラムボンの原田郁子とのユニット・ohanaの楽曲「オハナレゲエ」や、杏里のカバー「オリビアを聴きながら」と、とことんハッピーなヴァイブで梅小路公園を包み込んでいく。



「気持ちいいです、最高です」と、板の上も下も同じ気持ちを分かち合いながら届けた優しき「Quiet Light」、そして、「明日まで続きますから。音楽を浴びまくって帰ってください」と、名曲「家族の風景」へ。じんわりと心に染みるメロディが、いつまでも幸福な余韻を残した。

●中村佳穂
気温も少し下がった梅小路公園。レインコートの花が咲く中、圧倒的な声量と自由かつ壮大なサウンドで骨抜きにしたのは、京都音博初出演で地元凱旋ライブとなる中村佳穂。岸田は彼女が京都精華大学生時代から賛辞を送っていた。それ故に今回の出演は満を持して、と言うべきだろう。



一人ステージに走り込んだ中村はキーボードを弾きながら、出演できる喜びと、京都で「シャロン」を演奏する想いを即興で歌い伝える。創作の原点とも言える楽曲で早くも客席を魅了した後は、昨年秋のツアーを共にした越智俊介(Ba.)、深谷雄一(Dr.)、伊吹文裕(Dr.)、植松陽介(Cho.)、高橋あず美(Cho.)と息ぴったりのグルーヴを奏でてゆく。彼女がひとたび歌えば一帯が喜びに満たされる。くるくる変わるお茶目な表情と予測不能な展開にオーディエンスはあっという間に巻き込まれ、一心不乱に体を揺らす。「MIU」では<雨が降っても うまくゆかなくても>と歌詞を変えて歌い、「さよならクレール」ではくるりのステージに登場する石若駿(Dr.)を連れてきて、ドラマー3人による最高の見せ場を作り上げた。中村は「めちゃくちゃにしてやったぜー!」と無邪気に笑ってメンバーとハグ。ライブ感満載で、太陽のように音楽で会場を照らした中村佳穂バンドだった。

●マカロニえんぴつ
昨年は冒頭からくるりの「尼崎の魚」を披露したが、今年のマカロニえんぴつは、はっとり(Vo,Gt)のシャウト一発、「サンデーモーニング」をカバーするという絶妙なチョイスに愛とリスペクトを感じる。



続いても、代表曲「レモンパイ」からの「愛の波」とキラーチューンを連発。「2年連続呼んでいただきありがとうございます! (雨模様の空を見上げ)『音博』はこうでないと雰囲気が出ないよね? でも心配しないで。今日の出演者みんなで温めるから!」(はっとり、以下同)と頼もしいMCでも沸かせた後は、どっしりとしたバンドサウンドで聴かせた「悲しみはバスに乗って」、岸田もフェイバリットに挙げる「恋人ごっこ」、同期を駆使した新境地「だれもわるくない」、ひたむきなメッセージが胸を打つアンセム「ヤングアダルト」、骨太のロックナンバー「星が泳ぐ」と、新旧入り乱れた楽曲群で畳み掛ける! 「こういう場所を音楽が作ってる、それも一理あるけど、あなたがいないと成立しないんです」と投げ掛けた「なんでもないよ、」まで、この1年の進化をまざまざと見せつけたマカロニえんぴつだった。

●槇原敬之
昨年に続き2度目の出演となった槇原敬之は、グッドメロディの連続で見る者を一人も置いていかない極上の時間を作り出した。先に屋敷豪太(Dr.)、秋山浩徳(Gt.)、トオミヨウ(Key.)、遠藤龍弘(Ba.)、毛利泰士(Mp.)が登場し、「もう恋なんてしない」を奏で始めるとオーディエンスは大歓喜。槇原が「こんにちは~!」と手を振りながらステージに現れる。伸びやかな歌声とクラップで会場をひとつにし、「今年も音博に呼んでもらえまして、本当に嬉しく思っています」ととびきりの笑顔で喜びを語る。小雨を見つめて「選んできた曲だけど、本当に雨が降るとは思わなかった」と、雨の情景が描かれた「Are You OK?」をポップに弾けさせた後は、「遠く遠く」や「僕が一番欲しかったもの」といった人気曲でグッと客席と距離を縮める。



さらに疾走感たっぷりに「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」などのヒットナンバーを惜しげもなく披露して、より一層会場を盛り上げた。体感時間の短さに驚きつつ、名残惜しくも最後の曲。槇原は「去年の音博でもすごく良いなと思ったのでやります」と願いを込めて、昨年同様「四つ葉のクローバー」を優しく丁寧に歌い上げ、一体感を伴ってトリのくるりへとバトンを渡した。35周年を目前にしてもなお、どこかピュアさを感じるステージはさすが。ピースフルな空間は音博を象徴しているようにも思えた。

●くるり
初の2DAYS開催となる『音博』の初日もついに、くるりを残すのみ。石若駿(Dr)、松本大樹(Gt)、野崎泰弘(Key)、加藤哉子(Cho)ら気心知れたミュージシャンを迎え、クールな「琥珀色の街、上海蟹の朝」で幕が開けたかと思えば、あのイントロが鳴り響くや、膝から崩れ落ちるようなすさまじい衝撃がよみがえる。今から21年前、くるり流ダンスミュージックでシーンの度肝を抜いた「ワールズエンド・スーパーノヴァ」に、オーディエンスもたまらず狂喜乱舞。さらには、熟成するロックサウンドにため息がこぼれる「Morning Paper」、壮大なるビートに魅了される「潮風のアリア」……バンドの一つの理想像がここにある。




ここで岸田が、「皆さんも待ち構えていると思います。オリジナルメンバーの森信行(Dr)、もっくん!」と呼び込み、10月4日にリリースされたばかりの14thアルバム『感覚は道標』収録曲「In Your Life」を披露。そして「California coconuts」を7人編成で、さらに「aleha」「世界はこのまま変わらない」をツインドラムで演奏していく。同作を共に作り上げた森は、2016年以来の『音博』のステージとあって、得も言われぬ期待感が充満する中、堂々たるパフォーマンスを届けた。「本当にありがとうございました、くるりでございました。最後に一曲やります」と岸田が告げ、ラストは色あせない名曲「ばらの花」。すっかり夜の帳が下りた『音博』の一日目を、くるりが見事に締めくくった。
※衣装協力:suzuki takayuki, trippen

Text:久保田 瑛理(開会宣言、羊文学、中村佳穂、槇原敬之)
奥“ボウイ”昌史(ハナレグミ、マカロニえんぴつ、くるり)
Photo by 井上嘉和

<セットリスト>

●羊文学
01. 光るとき
02. more than words
03. FOOL
04. マヨイガ
05. OOPARTS
06. あいまいでいいよ
07. 夜を越えて

●ハナレグミ
01. My California
02. 独自のLIFE
03. オハナレゲエ
04. オリビアを聴きながら
05. Quiet Light
06. 家族の風景

●中村佳穂
01. シャロン
02. アイミル
03. きっとね!
04. get back
05. LINDY
06. MIU
07. さよならクレール

●マカロニえんぴつ
01. サンデーモーニング(くるりカバー)
02. レモンパイ
03. 愛の波
04. 悲しみはバスに乗って
05. 恋人ごっこ
06. だれもわるくない
07. ヤングアダルト
08. 星が泳ぐ
09. なんでもないよ、

●槇原敬之
01. もう恋なんてしない
02. Are You OK?
03. 遠く遠く
04. 君の後ろ姿
05. 僕が一番欲しかったもの
06. SPY
07. どうしようもない僕に天使が降りてきた
08. 冬がはじまるよ
09. 四つ葉のクローバー

●くるり
01. 琥珀色の街、上海蟹の朝
02. ワールズエンド・スーパーノヴァ
03. Morning Paper
04. 潮風のアリア
05. In Your Life
06 California coconuts
07. aleha 
08. 世界はこのまま変わらない
09. ばらの花

ライブ・イベント情報

<感覚は道標」発売記念ツアー「ハードにキマる!つやなし無造作ハッピージェル>
12月16日(土)開場 17:00 / 開演 18:00 @愛知 ZeppNagoya
 問い合わせ:ジェイルハウス TEL:052-936-6041 (平日 11:00~15:00)
12月17日(日)開場 17:00 / 開演 18:00 @大阪 Zepp Osaka Bayside
 問い合わせ:キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888 (平日・土曜 11:00~16:00)
12月22日(金)開場 18:00 / 開演 19:00 @東京 ZeppDiverCity
 問い合わせ: ハンズオン・エンタテインメント info@handson.gr.jp
12月23日(土)開場 17:00 / 開演 18:00 @東京 ZeppDiverCity
 問い合わせ: ハンズオン・エンタテインメント info@handson.gr.jp

ライブ・イベント情報

<先行上映会・完成披露舞台挨拶>
■先行上映会
【日程】 10/12(木)
【時間】 15:30の回(上映終了後舞台挨拶)/18:30の回(上映前舞台挨拶)
【場所】 MOVIX京都
【登壇】 くるり[岸田繁/佐藤征史/森信行]<以上予定>
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■公開記念舞台挨拶
【日程】 10/14(土)
【時間】 17:00の回(上映終了後舞台挨拶)/20:15の回(上映前舞台挨拶)
【場所】 新宿ピカデリー
【登壇】 くるり[岸田繁/佐藤征史/森信行]、佐渡岳利監督<以上予定>
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

リリース情報

14thAlbum『感覚は道標』

10月4日(水)発売
生産限定盤(CD+Tシャツ)※SIZE : unisex / Lサイズ相当
品番:VIZL-2226 価格:6,900円(税込)
予約URL:https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VIZL-2226.html通常盤(CD)
品番:VICL-65873 価格:3,400円(税込)
予約URL:https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VICL-65873.html
<CD収録曲(共通)>
1. happy turn
2. I'm really sleepy
3. 朝顔
4. California coconuts
5. window
6. LV69
7. doraneco
8. 馬鹿な脳
9. 世界はこのまま変わらない
10. お化けのピーナッツ
11. no cherry no deal
12. In Your Life (Izu Mix)
13. aleha

<『くるりのえいが』 オリジナル・サウンドトラック収録曲(生産限定盤のみ)>
1. メインテーマ
2. いがいが根
3. 伊豆スタジオ宿泊所
4. 三村さんのおもてなし
5. 伊豆のテーマ
6. スタジオの大きな窓

『感覚は道標』アナログ盤
11月3日(金)発売
VIJL-60307/8 5,280円(税込)
フォーマット:2LP
収録曲:Side A-C くるり 14th Album「感覚は道標」
Side D 「くるりのえいが」オリジナル・サウンドトラック / 岸田繁
A-1. happy turn
A-2. I'm really sleepy
A-3. 朝顔
A-4. California coconuts
A-5. window
B-1. LV69
B-2. doraneco
B-3. 馬鹿な脳
B-4. 世界はこのまま変わらない

C-1. お化けのピーナッツ
C-2. no cherry no deal
C-3. In Your Life (Izu Mix)
C-4. aleha

D-1. メインテーマ
D-2. いがいが根
D-3. 伊豆スタジオ宿泊所
D-4. 三村さんのおもてなし
D-5. 伊豆のテーマ
D-6. スタジオの大きな窓
商品ページ:https://record-day.jp/item_2023/
この記事をツイート

この記事の関連情報