デイヴィッド・カヴァデール「最近、転倒し、身体面が整うまでホワイトスネイクの活動は未定」

ツイート


ホワイトスネイクは、フロントマンのデイヴィッド・カヴァデールが副鼻腔と気管の感染症と診断されたためツアーを中断してから1年以上が経過するが、まだ再開の目途は立っていないという。

今年春、年内の活動は無理だと話していたカヴァデールは、それから半年が経った今週(10月11日)ゲスト出演したSiriusXMの番組『Trunk Nation』で、現状についてこう語った。「バントと僕は年中、連絡を取り合っている。まだホワイトスネイクは存在するし、オファーは舞い込んでる。でも、僕の身体面の問題が解決するまで、何も受けることができない。最近、転倒したんだ。それがいい方向には…、僕は腱板2つを痛めてる。パフォーマンスに影響が出る」

「(エアロスミスの)ツアーをキャンセルしたスティーヴン(・タイラー)には同情する。歳を取っても、誰のことも失望させたくなく、可能な限りベストでいなくてはならないという責任の重圧。彼の気持ちがわかる。共通の友人を通じ、彼に僕からの愛を送ったところだ」

「僕は、自分の健康がはっきりするまで何も約束できない。ツアーに出て、昨年と同じことが起き、うなだれて家に戻るなんてことは絶対にしたくない。あれには心が折れた。1年間具合がよくなく、状況は悪くなった」

ホワイトスネイクは2022年5月に最後のツアーとなる<The Farewell Tour MMXXII>を開幕したが、6月終わりに中断。エアロスミスは9月2日にラスト・ツアー<Peace Out>をスタートし、3公演を終えたところでスティーヴン・タイラーが声帯を痛め、来年2月末までに予定していた公演全てを延期している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報