デイヴィッド・カヴァデール、元メンバーを招きホワイトスネイクの“フェアウェル・アルバム”制作を計画

ツイート


ホワイトスネイクのフロントマン、デイヴィッド・カヴァデールは、健康上の問題から当面、ツアーはできないものの、いくつかプロジェクトを抱えており、その中のひとつにホワイトスネイクのスタジオ・アルバム制作の計画があるそうだ。

『Totally 80s』ポッドキャストの最新エピソードにゲスト出演したカヴァデールは、音楽全般からの引退を考えているのかと問われると、こう答えた。「いいや。僕は音楽からリタイアすることはできない。僕にとっては酸素だ。少なくとも3~5年分のプロジェクトを計画している」

その中のひとつが、ホワイトスネイクの“フェアウェル”アルバムだという。「近々、ホワイトスネイクのフェアウェル・スタジオ・アルバムについてバンドと話をするつもりだ。より完璧なものにするため、元メンバー何人かを招待する。エイドリアン(・ヴァンデンバーグ)、多分、ダグ・アルドリッチだ。彼らが参加したいか訊いてみる。それに、マイケル・デヴィン、僕が敬愛する全ての人々だ。どうなるだろうね。現在のチャプターへの別れというより、関与した多くの人々へのフェアウェルだと思ってる。興味深いものになるだろう」

「近々、ジョエル(ホークストラ/G)が来て、彼がどんな曲を持つのか教えてくれる。彼らは本当に僕にインスピレーションを与えてくれる。自分ひとりでやることに興味はない。バンドとの共作だ。僕は全体像を見ている。彼ら全員にとってベストなものにしたい」

カヴァデールは最近、「バントと僕は年中、連絡を取り合っている。まだホワイトスネイクは存在するし、オファーは舞い込んでる。でも、僕の身体面の問題が解決するまで、何も受けることができない。最近、転倒したんだ。それがいい方向には…、僕は腱板2つを痛めてる。パフォーマンスに影響が出る」と、現時点、ツアー再開の目途は立っていないと話していた。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報