U2、新曲「Atomic City」和訳MV+「スフィア」ライヴ映像使用動画公開

ツイート

アメリカ・ラスベガスの新たなコンサート会場「スフィア」で行われているレジデンシー公演が世界中で話題となっているU2。この公演にあわせて公開された新曲「Atomic City」の和訳付きMVが、10月18日に公開された。

◆「Atomic City」和訳付きMV

この曲は、約2年振りとなるU2の新曲であり、MVは約36年前、「I Still Haven’t Found What I’m Looking For(終りなき旅)」のビデオを撮影したのと同じ、ラスベガスにあるフリーモントストリートで撮影された。ゲリラライブの様子や「スフィア」で演奏した様子も収められている。



この新曲についてボノ(Vo, G)は最新のインタビューにて、健康上の問題のため「スフィア」でのレジデンシー公演には不参加となっているドラマーのラリーがその体調を押してレコーディングに参加したことを次のように語っている。

「サウンド・シティで(新曲を)レコーディングする前夜に、彼はスタジオ入りしていた。あのスタジオにはいろんなエピソードがある。ジ・エッジに集まって欲しいと言われたんだ。ラリーは自分の状態を確かめるために前日の夜に来ていた。1時間叩けるかどうか、15分なのかさえわからなかった。でも彼は嵐のように演奏し始めたんだ 」──ボノ(Vo, G)

また、「スフィア」の公演の様子を使用した「Atomic City」の動画がU2のアカウントで公開となっている。



「スフィア」でのレジデンシー公演は、12月16日まで全25公演が行われる。

リリース情報

「アトミック・シティ」
2023年9月29日(木)配信開始
https://umj.lnk.to/U2_AC

この記事をツイート

この記事の関連情報