私立恵比寿中学、<オケラディスコ>で「これからもエビ中は新しいことに挑戦していきます!」

ツイート


私立恵比寿中学による<オケラディスコ2023>が、10月7日パシフィコ横浜 国立大ホールと22日に東京国際フォーラム ホールAで開催された。

エビ中は毎年秋に野外コンサート<ちゅうおん>を行っていたが、今年は新しい試みとして、橋本しん率いるエビ中バンドとオーケストラ、総勢48名による<オケラディスコ2023>を開催。タイトル通り“オケラ”はオーケストラ、“ディスコ”はダンスミュージックを表しており、いつものコンサートとは異なるスタイルのステージで会場に訪れたファミリー(ファンの総称)に贅沢で斬新なひとときを届けた。ここでは22日最終日の模様のオフィシャルレポートを掲載する。

場内が暗転するとステージ上に設置されたブースにDJが登場。エビ中お馴染みのovertureをこのコンサートのためにリアレンジされたスペシャルバージョンでドロップ。レーザーライトが会場を巡り、6面のLEDが会場を彩り、クラップを煽る。ファミリーもそれに応えて会場にクラップ音が響くとメンバーが登場し、オーケストラの壮大な音楽で「ポンパラ ペコルナ パピヨッタ」がスタート。懐かしいナンバーの新たなアレンジにファミリーが圧倒されていると、「参枚目のタフガキ」、「でかどんでん」とエネルギッシュに披露した。



自己紹介を挟み、桜木の「エビ中の楽曲が、このオケラディスコによってどんな風に変わっているのか、みなさん私達と一緒に自由に楽しんでいきましょうー!」の合図で「歌え!踊れ!エビーダダ!」へ。オーケストラとバンドの融合により、いつもより華やかでパワフルにパフォーマンスすると、ミラーボールが煌びやかにメンバーのキレキレのダンスを照らしながら「中人DANCE MUSIC」へ。優雅な音色で「PLAYBACK」を届けると、力強いバンドと柔らかなオーケストラが溶け合い最新曲「Summer Glitter」を披露。

仲村の「まだまだこの贅沢な環境でのパフォーマンスを楽しみたいと思います」の合図で「ジブンアップデート」、「シンガロン・シンガソン」と6面のLEDが華やかに彩る中、アップテンポな曲でファミリーを魅了した。オーケストラがユニゾンの魅力を引き立て「日進月歩」を歌い上げると、ムードは一転。壮大な音楽がメンバーの歌声を引き立て「宇宙は砂時計」を披露、続く「星の数え方」でメンバーの透き通った歌声が響きわたる。幻想的な空間が続くなか、「まっすぐ」で伸びやか歌声をファンに届けていく。



星名が「この空間も2公演目にして私たちも慣れてきて、すごく居心地の良い空間になっていて、これがもう少しで終わってしまうと思うと、すごく寂しい気持ちになりますね」としみじみ語った。中山が「ここからは、また盛り上がっていきましょう!」と気合を入れると、DJブースに安本が登場し、Daft Punkカバー曲「One More Time」へ。メンバーが曲に合わせて自由に踊り出すと、ファミリーもノリノリで踊り出し、会場はまさにエビ中ディスコ一色となった。

星名の指揮に合わせオーケストラの演奏が始まると、エビ中の人気ナンバー「ハイタテキ!」をノリノリで歌い上げた。そのまま「感情電車」、「なないろ」とエモーショナルに披露し、感動的なフィナーレを飾った。安本が「オケラディスコ、今日で本当に終わってしまうんですが、私たちも初めてのチャレンジで、ちゅうおんとはまた違うライブにしたいなということで、始まったこの企画ですが、皆さん何となく踊って楽しめましたか?踊りが好きな心菜は存分に踊れましたか?」という問いに「いやもう~、一生分踊りました!」と自信満々に答えると、会場は笑い声で包まれた。星名が「これからもエビ中はどんどん新しいことに挑戦していきます!これからもエビ中の応援よろしくお願いします!」と挑戦を続けていくことを誓い初めての<オケラディスコ2023>ライブを締めくくった。



また、ライブ直後には公式Xにて<エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえんin 山中湖2023>が2023年12月20日(水)に発売されることがメンバーコメント動画と共に発表された。2013年夏、“遠足”をテーマにした野外コンサートとしてスタートし、エビ中の夏の恒例行事としてすっかり定着した<ファミえん>。2023年10人体制で初開催された二日間。1日目は夕方から夜にかけて、2日目は昼間と、両日異なるシチュエーションで開催された模様を、今年は2DAYSまるっと収録されている。詳細は特設サイトをチェックしてほしい。

セットリスト

<オケラディスコ2023>
10月22日 @東京国際フォーラム ホールA 
SE. ebiture (オケラディスコ2023ver.)
M1. ポンパラ ペコルナ パピヨッタ
M2. 参枚目のタフガキ
M3. でかどんでん
M4. 歌え!踊れ!エビーダダ!
M5. 中人DANCE MUSIC
M6. PLAYBACK
M7. Summer Glitter
M8. ジブンアップデート
M9. シンガロン・シンガソン
M10.日進月歩
M11.宇宙は砂時計
M12.星の数え方
M13.まっすぐ
M14. One More Time(Daft Punkカバー曲)
M15.ハイタテキ!
M16.感情電車
M17.なないろ

「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえんin 山中湖2023」特設サイト
https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/ebichu/Famien23BD/

■映像商品「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえんin 山中湖2023」

2023年12月20日(水)発売
【完全生産限定盤2BD+オリジナルTシャツ】
SEXL-251~253 14,000円(税込) XLサイズ
SEXL-254~256 14,000円(税込) Mサイズ
40Pフォトブックレット封入 豪華BOX仕様
完全生産限定盤特典映像
・エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖 2023 メイキング オブ ファミえん
【通常盤2BD】
SEXL-257~258  9,900円(税込)
<ライブ映像共通>
【BD1】「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖 2023」DAY1
ebiture
夏だぜジョニー
ご存知!エビ中音頭
青春ゾンビィィズ
ほぼブラジル
ラブリースマイリーベイビー
ちちんぷい
揚げろ!エビフライ
イヤフォン・ライオット
誘惑したいや
朝顔
イート・ザ・大目玉
HOT UP!!!
いつかのメイドインジャピャーン(桜木・小久保・風見・桜井・仲村)
響(真山・安本・星名・小林・中山)
23回目のサマーナイト
kyo-do?
買い物しようと町田へ
Summer Glitter
summer dejavu
まっすぐ
サドンデス
シン・matsuriture
Family Complex
フレ!フレ!サイリウム
Go!Go!Here We Go!ロック・リー
ナチュメロらんでぶー
【BD2】「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 山中湖 2023」DAY2
ebiture
夏だぜジョニー
ご存知!エビ中音頭
青春ゾンビィィズ
ほぼブラジル
ラブリースマイリーベイビー
ちちんぷい
揚げろ!エビフライ
イヤフォン・ライオット
誘惑したいや
いい湯かな?
イート・ザ・大目玉
HOT UP!!!
いつかのメイドインジャピャーン(桜木・小久保・風見・桜井・仲村)
響(真山・安本・星名・小林・中山)
青い青い星の名前
kyo-do?
買い物しようと町田へ
Summer Glitter
幸せの貼り紙はいつも背中に
スーパーヒーロー
サドンデス
シン・matsuriture
Family Complex
スターダストライト
Go!Go!Here We Go!ロック・リー
YELL

この記事をツイート

この記事の関連情報