コンパクトな筐体に250種類以上のエフェクト、Line 6 HX One登場

ツイート


Line 6から、新製品エフェクト・プロセッサー『HX One』が発表された。エフェクト・ペダル・サイズのコンパクトな筐体に250種類以上のエフェクトを搭載したステレオ・エフェクト・ペダルで、価格は55,000円(税込)、2023年12月上旬に発売予定だ。

Helix FloorをはじめとするHXファミリー・プロセッサーから継承した250種類以上のエフェクトを搭載しており、モデリングが非常に困難とされるゲルマニウム・ファズやバケツ・リレー回路を採用したエフェクトをも忠実に再現することができる。これはアナログ・エフェクト・デバイス独特の挙動を個々のコンポーネント毎に計測しキャプチャーするHXモデリング・テクノロジーによって可能となったものだ。

もちろんノブとフットスイッチというエフェクト・ペダルのようなシンプルなユーザーインターフェースで直感的な操作性が実現されている。エフェクト・ノブを回しエフェクトを選ぶとエフェクト・パラメータがOLEDディスプレイに表示され、それぞれのパラメータに対応した3つのノブでパラメータの変更を行なう。パラメータが多い場合は、PAGEボタンで次のページにアクセスするかたちだ。2つのフットスイッチはエフェクトのオン/バイパスの切り替えと、タップテンポと「FLUX」コントローラーに対応している。「FLUX」とはフットスイッチを押すことで、予め設定した時間内で複数のエフェクト・パラメータを同時に変化することができるHX One独自の機能だ。



また、ペダルボードに組み込んで様々な機器とのシステムアップを可能にするため、つなげる機器やピックアップに応じてインプット・インピーダンスを調整することができる。MIDI INとOUT/THRU端子を備え、プログラム・チェンジ、コントロール・チェンジをはじめ様々なMIDIメッセージをMIDIスイッチャーなどの外部機器からの受信も可能だ。同梱の9V電源も同梱されているが、もちろん一般的なサードパーティーのエフェクト・ペダル用電源が使用できるので、ペダルボードへの組み込みも容易だ。





マルチエフェクター HX One

55,000円(税込)
2023年12月上旬発売
・HXファミリー・プロセッサーから継承した250種類以上のエフェクト
・エフェクトの選択とエディットが簡単に行える直感的なコントロール体系
・パラメータの変更を自動化する「FLUX」コントローラー
・接続する楽器に合わせてインプット・インピーダンスを調整可能
・MIDI イン、アウト/スルー端子搭載(PCおよびCCメッセージの受信が可能)
・128 プリセット・スロット
・外形寸法:125mm(W) x 96mm(D) x 62mm(H) 重量:450g
この記事をツイート

この記事の関連情報