ドリーム・シアター、マイク・ポートノイが復帰

ツイート

ドリーム・シアターは水曜日(10月25日)、2010年に脱退したオリジナル・ドラマーのマーク・ポートノイがバンドに復帰したことを発表した。

◆ドリーム・シアター画像

ポートノイ脱退以降、13年間在籍してきたマイク・マンジーニ(Dr)はバンドを去り、ジェイムズ・ラブリエ(Vo)、ジョン・ペトルーシ(G)、ジョン・マイアング(B)、ジョーダン・ルーデス(Key)、マイク・ポートノイ(Dr)のラインナップで、通算16枚目となるスタジオ・アルバムの制作に取り掛かる。

ラブリエらメンバー達は、マンジーニに対し謝意と敬意を表明し、マンジーニは「僕は、この段階で、マイク・ポートノイを復帰させるというドリーム・シアターの決断を理解している。前にも言ったとおり、最初から、僕のポジションは、マイクがこのバンドで担ってきた役割全ての代わりを務めることではなかった。僕は、バンドが進み続けるのを助けるためにドラムをプレイするつもりだった」と理解を示した上、メンバーやスタッフ、ファンらへ感謝する声明を出している。

ドリーム・シアターは、マンジーニと制作した楽曲「The Alien」(2021年)で初のグラミー賞(最優秀メタル・パフォーマンス)を受賞した。

ポートノイは、「家に戻る、ブラザー達の元に戻るという喜びで胸がいっぱいだ!」とコメントしている。彼は昨年春、ドリーム・シアターの公演を観に訪れ、ラブリエとの関係を修復していた。

ドリーム・シアターが、ポートノイと共にアルバムを制作するのは、2009年にリリースした10枚目のスタジオ・アルバム『Black Clouds & Silver Linings』以来となる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報