オジー・オズボーン、コヨーテ対策が悪魔崇拝の儀式と勘違いされ通報される

ツイート

Photo: Ross Halfin

オジー・オズボーンは以前、自宅の庭に出没するコヨーテ対策として、鶏をフェンスに吊るしていたところ、隣人から悪魔崇拝の儀式と勘違いされ、警察に通報されてしまったそうだ。

オズボーン一家のポッドキャスト『The Osbournes』のハロウィン・エピソードで、妻でマネージャーのシャロンは、「私たちがこれまでにした最も悪魔的なことは、鶏を隣人のフェンスに吊るしたことね」と、その逸話を話し始めた。

オジーによると、「警察が来て、“止めろ!”と言われた」そうだ。「コヨーテたちが来て、うちの犬たちを捉えようとしてたからだよ。セキュリティ・ガードから“どうしたらいいか、知ってます? 不凍液を詰めた鶏ですよ”って言われたんだ。2週間後、俺がすっかりそのことを忘れていたところで、警察が来た。“苦情がきてる”って言われたから、“何の苦情だ?”って訊いたら、“フェンスに悪魔崇拝の人形を置いてるだろ!”って」

オズボーン一家は、2009年、庭に入り込んだコヨーテが愛犬の一匹をかみ殺すという悲惨な出来事を経験している。オジーは家の中でテレビを見ていて、犬の叫び声に気づかなかったと伝えられており、娘のケリーは当時、「(パパの犬)リトル・ビットが昨日、LAでコヨーテに食べられちゃったの。彼、大ショックを受けている。彼女は彼の愛人だったのよ!」と、つぶやいていた。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報