Arturia、ハイデンシティなオーディオ・インターフェイス「AudioFuse 16Rig」が登場

ツイート

Arturiaから、ハイデンシティなオーディオ・インターフェイス「AudioFuse 16Rig」が10月28日に発売される。

AudioFuse 16Rigは、ハードウェア・シンセ愛好家や、エレクトロニック・ミュージシャン、スタジオ・マニアなど、ハードウェア・デバイスを多用するセットアップに最適のインターフェイスだ。

プロ・オーディオ・アプリケーションに必要な次世代レベルの接続性、汎用性、操作性を提供。あらゆる入出力を備えたオーディオ・インターフェースでセットアップできる。セットアップ全体をリアI/Oに接続したまま、フロントパネルにマイクや楽器、デバイスを追加することができる。また、入出力はADATで拡張でき、必要に応じて再度ルーティングできる。


ESSとCirrus Logicのプレミアム24ビットAD/DAコンバーターにより、レコーディングにふさわしい輝きと明瞭さを実現。シンセ、ギター、ボーカルなど、入力の組み合わせに関係なく、最高のサウンドが期待できる。

AudioFuse 16Rigは、マシンライブをはじめとするライブ演奏においても、低レイテンシーのMIDIでコントロール可能な内蔵ミキサーにより、コンピューターが接続されていない状態でも、オーディオとMIDI信号をやりとりすることができる。コンフィギュレーション・プリセットの保存も可能で、セットアップ間のつなぎ合わせも簡単。AudioFuse 16Rig の接続は、クリエイティブなレコーディングやミキシングのための複数のセンド/リターン、確信的なミキシングのためのA/B スピーカー・スイッチング、ギター・リアンプ、アンサンブル・レコーディングのための複数のヘッドフォン出力など、あらゆるニーズに合わせて設定できる。


AudioFuse 16Rigの設定をフロント・パネル・コントロールや付属のソフトウェアAudioFuse Control Centerでコントロールしたり、デスクトップやラックマウント用にインターフェースを設定したり、あらゆるスタジオ環境に統合したり、異なるオーディオ・シナリオを瞬時に簡単に切り替えたりすることができる。



<仕様>

16 系統のTRS アナログ入力
・2系統の高品質デジタル制御プリアンプ
・入力3/入力4 は3.5mm ステレオ入力としても使用可能
12 系統のアナログ出力
・8 系統のDC カップリングTRS ライン出力
・ステレオモニター出力
・6.35mm フロントパネル出力(リアンプ、デュアルヘッドホン出力用)
2 系統のADAT 入力、2 系統のADAT 出力
・最大16 チャンネルI/O(48kHz)、8 チャンネル(88.2/96kHz)
ワードクロック入出力
MIDI 入力×1、MIDI 出力/スルー×2
・5 ピンDIN コネクター
・ルートMIDI スタンドアローン
低レイテンシーのUSB-C 接続
・クラス・コンプライアントMIDI
・3 系統のUSB ハブ接続
2 つの内蔵スタンドアロン・ミキサー
・コンピューター接続不要
・サブミキシングと柔軟性を高めるキュー・ミキサー
・MIDI でコントロール可能なメイン・ミキサー
ロータリー・コントロールとメニュー・ボタンを備えたカラー・ディスプレイ
脱着可能なアダプターによりデスクトップ設置、1U ラックマウント設置のどちらも可能

・本体寸法:440 (W) x 295 (D) x 45(H) mm
・重量:3.83kg

<バンドルソフト>
AudioFuse Control Center
AudioFuse Creative Suite
・Analog Lab Intro
・Comp DIODE-609
・Pre 1973
・Pre V76
・Pre TridA
・Filter MINI
・Chorus JUN-6
・Comp FET-76
・Delay TAPE-201
・Rev PLATE-140
・Phaser BI-TRON

関連リンク

◆製品ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報