【ライブレポート】マジカル・パンチライン、ハロウィンツアー大盛況で完遂。2024年のZeppワンマンには卒業メンバー出演決定

ツイート

マジカル・パンチラインが、10月29日に<ハロウィンツアー LiVE PARK2023 東名阪ツアー「マジカル・ハロウィン・パーティ」>のツアーファイナルを東京・代官山UNITで開催、アンコールを含め計19曲の楽曲を披露して熱狂の渦に包み込んだ。ここではイベントのオフィシャルレポートをお届けする。

◆ライブ画像

この公演にて、2024年2月24日に決定している東京・Zepp Shinjukuでの8周年記念ワンマンライブに卒業メンバーの浅野杏奈、小山璃奈、清水ひまわり、吉田優良里の4名がステージ出演することが発表された。

毎年好評のハロウィンツアーファイナルとなったこの公演には多くの観客が詰めかけ、開演前から期待感に満ち溢れた空気が漂っていた。時間になると、ハロウィンスペシャルアレンジされた開演を告げるOvertureが流れ、ファンがクラップを開始。吉澤悠華が手掛けた紫と緑が映えるメイド衣装に身を纏ったメンバーが登場すると、大きく声があがって一気に熱を帯びた。




ライブは壮大な楽曲「マジカル・ジャーニー・ツアー」で幕明け。ハロウィンにピッタリの楽曲で、キャッチーなダンスがとてもキュートな「Magical Zombie Night~いたずらしちゃうぞ~」でオーディエンスを虜にしていく。「私が私を燃やす理由」 「万理⼀空Rising Fire!」「名もなきヒーロー」の3曲でクールな佇まいと熱い歌唱を見せたあとは、「マジック☆ガール」「あいわなびー」「Alright」 「パレードは続く」「ぱーりないと!!」「Melty Kiss」など、可愛さと楽しさを共存させながら全員を虜に。呼応するようにコールを届けたり、サイリウムを振ったりなど大声援を送る姿で盛り上がりを増幅させた。終始、会場はサイリウムの色で彩られていた。

終盤では世界観・メッセージ性のある楽曲「ひとかけら」 「今⽇がまだ蒼くても」を華麗に歌唱し、5人のポテンシャルの高さを示しながら全員を魅了していた。そして、本編ラストの前にマジカル・パンチラインからの重要なお知らせが発表された。



2024年2月24日に東京・Zepp Shinjukuにて開催するマジカル・パンチライン8周年記念ライブ<LiVE PARK 2024 8th Anniversary LiVE〜HAPPY DREAM〜>に卒業メンバー4名の出演を発表。Zeppでのワンマンライブはグループの目標として公言してきた。それは前体制、現体制に問わず、マジパンのメンバーがずっと心に秘めていたもの。目標のステージに立つ時はみんなで立ちたいという気持ちから実現に至った。Zeppのステージでは、浅野杏奈、小山璃奈、清水ひまわり、吉田優良里と現メンバー5人計9名のSPECIAL STAGEを行う予定だ。これにはフロアから大喝采が起こった。



また、事前にアナウンスされていた通り、チケット特典のアフターパーティーにはオリジナルメンバーで初代リーダー兼プロデューサーの佐藤麗奈も出演。つまり、マジカル・パンチラインに属したメンバー全員がZepp Shinjukuに集まることになる。

この発表を受けて、現リーダー兼プロデューサーの沖口優奈は本編の最後に、「今回、Zeppでワンマンライブができることが決まって、どうしてもあの当時、『Zeppでライブをしたいね』 『Zeppに向かって走っていこうね』と言っていた当時のメンバーとも、Zeppのステージに立ちたい、と私がワガママを言ってみんなが集まってくれます。アフタートークショーには佐藤麗奈も出てくれるということで、過去から現在までマジパンを作り上げてくれた全員が集まります。私はいつもマジパンのことを応援してくれるみんなとも一緒にZeppのステージに立ちたいです。マジカル・パンチラインにとっての夢の舞台は、今から考えただけでワクワクとドキドキが止まりません。私には想いがあって、以前にマジパンを応援してくれていた人で現体制になって行くタイミングに悩んでいる方、まだ出会ってもない方、そして今も応援してくている人の全員にマジパンというグループは最高と思ってもらいたいですし、この5人もすごいと思わせる自信があります。これからもマジパンを応援していきたいと思ってもらえるようなステージを届けるので、2月24日のZepp Shinjukuには一人でも多くの人に観に来ていただきたいです」と、デビューからグループを支え、今ではプロデューサーとリーダーを兼任している彼女だからこその想いを、実直に言葉にして伝えていた。


マジパンの魂を歌い上げるロック楽曲「もう⼀度」では《もう一度 もう一度》と夢を諦めない気持ちを拳に宿し、強く歌い上げた。熱気がこもるほどの高まりを全員が見せて本編は幕を閉じた。

大きなアンコールが鳴り響く中、メンバーは仮装から「めろめろーりんぐ」の衣装へと着替え、心を一つにするマジパンのアンセム曲「ONE」、爽やかながらアッパーチューン「渚のサーフライダー」、優しさで包み込む「これから、私!」の3曲を披露し、ライブは終了。



このライブでの盛り上がりと8周年記念ライブでますます期待が増しているマジパン。まずはZeppでのワンマンライブの成功を目指して、グループを高めていく。そして、その先の明るい未来へと歩んでいく。これからのマジパンの動向を見守りたいところだ。

なお、マジカル・パンチライン8周年記念ライブの一般チケットは受付中のため、少しでも気になった方は足を運んで欲しい。

撮影◎東美樹

<マジカル・パンチライン LiVE PARK2023 東名阪ツアー「マジカル・ハロウィン・パーティ」>セットリスト

2023年10月29日(日)東京・ 代官山UNIT

M1. マジカル・ジャーニー・ツアー
M2.Magical Zombie Night~いたずらしちゃうぞ~
M3. Spotlight
M4. 私が私を燃やす理由
M5. 万理⼀空Rising Fire!
M6. 名もなきヒーロー
M7. マジック☆ガール
M8. あいわなびー
M9. Alright
M10. パレードは続く
M11. ぱーりないと!!
M12.めろめろーりんぐ
M13. Melty Kiss
M14. ひとかけら
M15. 今⽇がまだ蒼くても
M16. もう⼀度

EN1.ONE
EN2. 渚のサーフライダー
EN3. これから、私!

ライブ情報

<マジカル・パンチライン8周年記念ワンマンライブ LiVE PARK 2024 8th Anniversary LiVE〜HAPPY DREAM〜>
2024年2月24日(土)東京・Zepp Shinjuku(https://www.zepp.co.jp/hall/shinjuku/#access)
開場:13:30 開演:14:30
一般チケット3,000円(税込)※一般チケット受付中

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報