【速レポ】モンパチフェス<WWW!!23>、サンボマスター「沖縄に来たあなたのことを優勝させるために来ました」

ツイート
no_ad_aritcle

18時50分が近づくにつれ、マングースSTAGEの客席エリアはどこまでもみっちりとオーディエンスで埋め尽くされた。

◆ライブ写真

SE「MONKEY MAGIC」が流れ、湧きあがる大歓声とハンドクラップ。それをさらに煽るような手つきで山口隆(Vo, G)、近藤洋一(B, Cho)、木内泰史(Dr, Cho)がステージに登場した。その直後のこと。

「おい、マングース、準備いいのか、このヤロー!」

山口隆がまず吠えた。自ら「オイ! オイ!」と盛り上げながら、しかし直後、メロウな歌い出しで「輝きだして走っていく」へ突入。転調して激しくなった瞬間、「掛かって来い!」と煽りを喰らわせ、ライブを激化させていく。それでも山口隆は何度も吠え、すでに燃え上がるようなライブなのに油を降り注ぎ続ける。近藤洋一も木内泰史も、力強いコーラスを入れながら熱いプレイを轟かせていった。


その勢いのまま「ヒューマニティ!」に突入するが、オーディエンスの反応が物足りないのか、山口隆は「沖縄って『ラビット』は流れてなかったですか? 流れてますよね? だったら踊りまくれ、コノヤロー!」と来たもんだ。しかし、こんなの序の口。腕を振り上げ、大声で歌い、全身全霊で踊るオーディエンスばかりだというのに、息つく暇なく曲を畳み掛け、限界知らずの勢いで歌い叫ぶサンボマスター。

彼らはデビュー20周年を記念して“サンボマスター 全員優勝計画”と名付けた大型プロジェクトを展開中でもある。しかし彼らの手に掛かったら一連のプロジェクトだけに収まるはずがなく、ライブ1本1本がずっと前から“優勝”だ。

「マングースSTAGE、ラスト! サンボマスターは、沖縄に来たあなたのことを優勝させるために来ました。ただの優勝じゃねえぞ。今日のマングースSTAGEだけは、全員優勝させるわけですよ!」


とんでもないハイボルテージとテンションで、客を狂喜乱舞させながら突き進むライブだ。しかも、ただ喜ばせるだけじゃない。サンボマスターの放ってくるシンプルにして力強いメッセージの数々は、誰にとっても活力になる。それをこれでもかと浴びさせてくれるから、全員優勝状態になるのはまちがいなしだ。一人ひとりのシンガロングは、どでかいひとつの歌声になって沖縄の夜空に響き渡っていく。

「とにかく本当に本当に、やっと会えたな。会いたかったよ。沖縄来たかったよ。でも俺たちはよ、うまい演奏するために沖縄にやって来たわけじゃないんだよ。オメーたち、大事なこと忘れたんじゃねえかと思って、それ言いに来たんだ」

力のこもった威勢のいい口調で、山口隆が次々に言葉を重ねる。何度も確かめ合ったのに、みんなが忘れてしまったこと。それは……。

「オメーはクソじゃねえって忘れたか。オメーがクソだったことなんか1回もねえって忘れたか。オメーはクソじゃねえし、俺はオメーのこと愛してる。オメーのことずっと愛してるって忘れたか。何回でも言いに来た、何回でも言いに来る!」


こうしてライブは後半に入ったが、ここからはサンボマスターからの強くて熱い愛がオーディエンス一人ひとりに向けられる。その嬉しさで涙を滲ませながら、しかし幸せな表情でサンボマスターのライブに飛び込んでいくオーディエンスが至るところに。そしてラストナンバー「花束」のときのこと。

「悲しいことあったら、またサンボマスターのライブに来るんだぞ。寂しいことあったら、イヤなことあったらすぐ来るんだぞ。オメーの顔覚えたからな。ストーカーになったからな。勝手にオメーん家に行ってやっからな。だからオメーたち、次、会うときまで勝手に死んでんじゃねえぞ。今日はサンボマスターの呪いかけて終わるからな。イヤなことあっても今日のこと思い出して笑っちゃう呪いだ。心あったかくなる呪いだ。俺たちの呪い、受けてみろ、コノヤロー!」

結成して23年、デビューして20年。重鎮と呼べるキャリアのサンボマスターだが、一向に落ち着くことはない。むしろ様々な経験を重ね、言いたいことも伝えたいことも山盛り状態の彼ら。それが濃厚に凝縮された熱さと、目一杯の愛が存在するライブとなった。


文◎長谷川幸信
写真◎SARU(SARUYA AYUMI)

セットリスト

1.輝きだして走ってく
2.ヒューマニティ!
3.青春協奏曲
4.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
5.Future is Yours
6.笑っておくれ
7.できっこないを やらなくちゃ
8.花束

<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!23>





11月3日 DAY1
MONGOL800/04 Limited Sazabys/赤犬/かりゆし 58/きゃりーぱみゅぱみゅ/サンボマスター/湘南乃風/DIAMANTES/真志喜中学校軽音楽部/LOUD SPEAKER(普天間高校軽音楽部)
道ジュネー:新城青年会
11月4日 DAY2
MONGOL800/Creepy Nuts/D-51/TETORA/ハルカミライ/FOMARE/RIP SLYME/ROTTENGRAFFTY/WWW!! special session The BK Sound presents -Good Vibes Only
道ジュネー:江洲青年会
11月5日 DAY3
MONGOL800/ORANGE RANGE/KICK THE CAN CREW/島バナナーズ/DOBERMAN/HUSKING BEE/HEY-SMITH/WANIMA/WWW!! special session 島袋優(BEGIN)presents -Okinawa moon
道ジュネー:栄口青年会

2023年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)
*雨天決行/荒天中止
@沖縄県 宜野湾マリーナ・トロピカルビーチ特設会場(901-2224 宜野湾市真志喜 4-2-1)
開場11:00 開演13:00
各1日券【前売】一般 9,900 円(税込)|中高生 4,000 円(税込)
2日通し券【前売】一般 18,000円(税込)※11/3・4、4・5 券の2種
3日通し券【前売】一般 27,000円(税込)
※小学生以下はチケットをお持ちの保護者1名様につき、1名まで入場無料
※中高生チケットは1日券のみ、一般発売からの販売
[問]PM AGENCY
TEL:098-898-1331(平日 11:00-15:00)https://www.pmnet.co.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報