【速レポ】モンパチフェス<WWW!!23>、Creepy Nuts「今年の夏フェス納めとして最高」

ツイート
no_ad_aritcle

<What a Wonderful World!! 23>2日目の昼1時過ぎ、ビーチの気温はすでに32度超え。“最後の夏フェス”というより、夏真っ盛りの夏フェスといった雰囲気のハブSTAGEだ。しかし、サウンドチェックで出てきたCreepy NutsのDJ松永がスクラッチやら絶品のフェーダーテクを決めるだけで、すでにハブSTAGEに集まったオーディエンスは大盛り上がり。こっちもすでに熱い。数分後、SEと共に登場するや「助演男優賞」のトラックをDJ松永がメイキング。

◆ライブ写真

「今日の主演は、主催のモンパチか。いや、俺らか。いや、オマエら、お客さん一人ひとりが、今日の主演やぞ!」

R-指定の言葉に大歓声をあげるオーディエンス。リリックのひとつずつがハッキリと伝わるR-指定のライムにオーディエンスは刺激され、そしてテンションも高めていく。


「今日は声出すのも飛び跳ねるのも、全部の行為が合法なんで、出し惜しみしないでください!」

R-指定の煽り文句と共に突入したのは「合法的トビ方ノススメ」。どんなモノよりハマる魅力的なものは、音楽やライブ。DJ松永の作るミッドグルーヴのトラックに、R-指定は「飛び跳ねろ!」「声あげろ!」と挑発しながら、抜群のリズム感でラップする。ビーチ全体に広がるのは、腕を上げながらジャンプするオーディエンス。Creepy Nutsの音楽でどこまでもブッ飛んでいくという最高の状況だ。ここにいる全員がCreepy Nutsのヒップホップクルーと化している。


その勢いを加速させながら曲を次々に畳み掛けるCreepy Nuts。いくつもの声やリズムを使い分け、何パターンものラップを決めるR-指定だが、サビではポップさとキャッチーさの入り混じったフロウも入れるなど、身体も気持ちも虜にするラッパーだ。そしてDJ松永は、センスいいトラックをメイキングしつつ間奏的にスクラッチ技も決め、エキサイティングな場面も作り出す。世界チャンピオンのテクとセンスが炸裂だ。

そんなクールな彼らだが、MCでしゃべり始めると、さすが大阪出身。掛け合い漫才のようになることも多い。しかもオーディエンスからのヤジとかツッコミにも応じるというフレンドリーさ。今日もやっぱりヤジを入れるオーディエンスに、「なあ、ほんまやで」とR-指定が同意したと思えば、DJ松永は「地元の友達? 大阪から連れて来てん?」といった感じ。もちろん大事なことはちゃんと伝えるCreepy Nutsだ。


「こうやって初めて会ったみなさんとコミュニケーション取れるのも、思いっきり声が出せるフェスが戻ってきたから。でも想像してなかったな。まさか、俺たちがモンパチ主催の沖縄フェスに呼ばれるとはな。今年の夏フェス納めとして最高」──R-指定

「ご褒美ですよ、ご褒美」──DJ 松永


そう言いながら、今度はオーディエンスにご褒美とばかりに、10月に発表したばかりの新曲「ビリケン」を聴かせるCreepy Nuts。ジャージードリルのビートを巧みに使い、グルーブとスリルを放射しまくる。そこから今度はライブで鍛え上げてきたCreepy Nutsの代表曲の数々を、宜野湾トロピカルビーチに轟かせていく。

「この何年かで、声出さんでも肉体のレスポンス、表情ひとつでレスポンスができるようになってきた。お客さんのライブの筋力もめちゃくちゃ付いたわけです。そんな状況で声が出せるのが戻ってきた。コロナ前のライブよりエネルギーが、倍の倍の倍になってるわけです」──R-指定


その言葉に、DJ松永の作るトラックを全身で楽しむのはもちろん、リリックを知っているオーディエンスはCreepy Nutsと一緒に歌い、そしてR-指定の煽りには大声で反応。ブチ上がる快感と快楽がCreepy Nutsのライブにあった。

文◎長谷川幸信
写真◎SARU(SARUYA AYUMI)

セットリスト

1.助演男優賞
2.合法的トビ方ノススメ
3.2way nice guy
4.堕天
5.ビリケン
6.紙様
7.Bad Orangez
8.のびしろ
9.かつて天才だった俺たちへ

<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!23>





11月3日 DAY1
MONGOL800/04 Limited Sazabys/赤犬/かりゆし 58/きゃりーぱみゅぱみゅ/サンボマスター/湘南乃風/DIAMANTES/真志喜中学校軽音楽部/LOUD SPEAKER(普天間高校軽音楽部)
道ジュネー:新城青年会
11月4日 DAY2
MONGOL800/Creepy Nuts/D-51/TETORA/ハルカミライ/FOMARE/RIP SLYME/ROTTENGRAFFTY/WWW!! special session The BK Sound presents -Good Vibes Only
道ジュネー:江洲青年会
11月5日 DAY3
MONGOL800/ORANGE RANGE/KICK THE CAN CREW/島バナナーズ/DOBERMAN/HUSKING BEE/HEY-SMITH/WANIMA/WWW!! special session 島袋優(BEGIN)presents -Okinawa moon
道ジュネー:栄口青年会

2023年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日)
*雨天決行/荒天中止
@沖縄県 宜野湾マリーナ・トロピカルビーチ特設会場(901-2224 宜野湾市真志喜 4-2-1)
開場11:00 開演13:00
各1日券【前売】一般 9,900 円(税込)|中高生 4,000 円(税込)
2日通し券【前売】一般 18,000円(税込)※11/3・4、4・5 券の2種
3日通し券【前売】一般 27,000円(税込)
※小学生以下はチケットをお持ちの保護者1名様につき、1名まで入場無料
※中高生チケットは1日券のみ、一般発売からの販売
[問]PM AGENCY
TEL:098-898-1331(平日 11:00-15:00)https://www.pmnet.co.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報