ミック・マーズ「モトリー・クルーがジョン5を選んだのは賢い決断」

ツイート

ミック・マーズは、彼の代わりにモトリー・クルーに参加したジョン5に対し、何の悪感情も抱いていないどころか、モトリー・クルーのメンバーが彼を迎えることにしたのは賢い選択だと思っているそうだ。

2023年2月からモトリー・クルーのツアーでプレイしているジョン5は、5月、米SiriusXMの番組『Trunk Nation』にゲスト出演した際、「俺とミックは年中、話してる」「クリスマス・プレゼントを交換したりしている。俺が(モトリー・クルーの)ギタリストになったって発表があったとき、彼は、最初にテキスト(・メッセージ)をくれた一人だ。“君ならやれる”って言ってくれた。全く知らない誰かが入るわけじゃないからいい。俺らは、お互いをものすごくリスペクトしている」と話していた。

それに対し、最近、『Guitar World』のインタビューに応じたマーズは、「ジョン5とはまだ話をする関係なのか?」と問われると、こう答えている。「俺はジョンを嫌いになったことはない。彼のことはいつも好きだったし、今もだ。彼は長い間、俺の本当にいい友人だった。だから俺は、彼らは非常に賢明な選択をしたと思ってる」

ミック・マーズは、長年取り掛かってきたソロ・デビュー・アルバム『The Other Side Of Mars』をいよいよ2024年2月にリリースする。時間がかかったことについて、マーズはこう語っている。「障害がいっぱいあったんだ(笑)。モトリー・クルーのファイナル・ツアー(2014~2015年)中に曲を作り始めていたが、その後、(バンドのバイオグラフィ映画)『The Dirt』が出て、俺らは復帰した。曲を完成させることができなかった。そして、さらなる障害だ。レコードを配給会社に渡したのに、彼らはそれをしなかった。だから返してもらわねばならず、それにちょっと時間がかかった」

「長い間、ソロをやりたいと思ってた。でも、常に優先事項というものがある。モトリーのことをやらねばならなかった。やっと、自分の番だ! 実は、すでに次のアルバムに取り掛かってる。勢いを止めるな、だろ?!」

火曜日(10月31日)、ファースト・シングル「Loyal To The Lie」のミュージック・ビデオが公開された。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報