エルトン・ジョン「みんなの度肝を抜くアルバムを完成」

ツイート

ツアー活動からは引退したものの、音楽を作るのを止めたわけではないエルトン・ジョンは、最近、ニュー・アルバムを完成したそうだ。

長年のコラボレーターである作詞家のバーニー・トーピンがロックの殿堂からミュージカル・エクセレンス・アワードを受賞したのを祝い、11月3日ニューヨークで開催された式典に出席したエルトンは、トーピンを称えるスピーチの中で、「僕ら、ロサンゼルスでアルバムを完成させたところだ」と明かした。

「みんな、度肝を抜くよ。本当に素晴らしいものだ。若さに満ち、ヴァイタリティに溢れてる。僕らが56年間共にしてきて、そんな場所にいられるなんて素晴らしい」

エルトンは式典で、トーピンを称え、ふたりが共作した代表曲の1つ「Tiny Dancer」をパフォーマンスしたほか、追悼コーナーで、8月に亡くなったザ・バンドのロビー・ロバートソンを偲び、シェリル・クロウ、クリス・ステイプルトン、ブリタニー・ハワードらとザ・バンドの楽曲「The Weight」をプレイした。

エルトンは2021年に、1967~1968年に制作した“発表されることのなかったデビュー・アルバム”こと『Regimental Sgt. Zippo』とコラボレーション・アルバム『The Lockdown Sessions』の2作をリリースしているが、近年制作したオリジナル・ソングによるアルバムとしては、2016年の『Wonderful Crazy Night』以来の新作となる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報