リッチー・サンボラ、ボン・ジョヴィへの復帰「40周年のいま、やるべき」

ツイート

元ボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラは、バンド結成40周年を迎えたいま、ボン・ジョヴィに復帰し、彼らとプレイしたいと考えているそうだ。

◆リッチー・サンボラ画像

今年2月、復帰に関し「話をしている」と発言していた彼は、今週初め、『People』誌にあらためてこう語った。「話は出てる。バンドのドキュメンタリーが作られているんだ。僕も参加している。人々は、僕らがプレイするのを観たがっている。(実現すれば)みんなをハッピーにするだろう」

「ああ、間違いなく(復帰は)あり得る。あとは、いつ、全員にその準備ができるかだ。ビッグなものになる。(時期については)僕はわからない。他の人たち次第だ。でも、やるときだよ。40周年だ」

サンボラは6月の時点で、復帰に関して進展はあったかと問われると、「ないよ! 近づいてもいない。誰もまだ僕に声をかけてこない。でも、誘われれば、僕は明日にでもできる」と答えていた。

ボン・ジョヴィは1983年に結成され、翌年1月にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムを発表し、2月にスマッシュ・ヒットとなったファースト・シングル「Runaway」をリリースした。

サンボラがボン・ジョヴィを去ってから早くも10年が経つ。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報