全米アルバム・チャート、Stray Kidsが4作目の1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、韓国のボーイズ・グループ、Stray Kidsの新ミニ・アルバム『ROCK-STAR』が初登場で1位に輝いた。2022年リリースのミニ・アルバム『ODDINARY』と『MAXIDENT』、2023年6月リリースのスタジオ・アルバム『5-STAR』に次ぐ4作目の全米1位獲得となった。


先週まで2週連続で1位だったテイラー・スウィフトの『1989 (Taylor’s Version)』は2位に後退。カントリー・シンガー、クリス・ステイプルトンの5枚目のスタジオ・アルバム『Higher』が3位に初登場した。彼のスタジオ・アルバムは、ファースト『Traveller』(2015年)が1位に輝き、続く4作全てがトップ3圏内をマークしている。

今週はこのほか、クリス・ブラウンの11枚目のスタジオ・アルバム『11:11』が9位にチャート・インした。全スタジオ・アルバムに、タイガとのコラボレーション・アルバム『Fan Of A Fan: The Album』(2015年)を加え、彼にとって12作目の全米トップ10ヒットとなった。

Ak Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報