オジー・オズボーン「地獄へ行くのは怖くない。この5年間、行って帰ってきた」

ツイート

Photo: Ross Halfin

オジー・オズボーンは、健康が優れず、ライヴ活動もままならなかったこの5年間、地獄にいるような想いだったという。

オジーは、妻シャロン、息子ジャック、娘ケリーと始めたポッドキャスト『The Osbournes Podcast』(毎週、YouTubeにて配信中)をプロモートし応じた英国の音楽誌『Metal Hammer』のインタビューで、こう語った。

「この5年間、オズボーン家の周りはかなり悲壮感が漂っていた。俺は地獄へ行くことを恐れてはいない。この5年間、そこへ行き戻ってきたからな。病気だと、自分のことばかり考える。だから、家族がポッドキャストを再開するって言い出したとき、俺は、“もちろん。これで自分のことから抜け出せる”って思ったんだ」

「俺ら、(ポッドキャスト内で)ホント、笑ってる。多くの人たちが聴き、気に入っているようだ。いいことだ。なぜなら、俺にとってはいつだって家族が一番だから」

オジーは、『Rolling Stone』誌UK版主催の<Rolling Stone UK Awards>でアイコン・アワードを受賞することが決まり、今月23日に英国ロンドンで開催される授賞式に出席予定。パフォーマンスはないと言うが、久しぶりにステージに立つ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報