【インタビュー 後編】シンガーズハイ、1stフルアルバムに2つの流儀「ロマンみたいなものと新しくて面白いもの」

ツイート
no_ad_aritcle

2023年で飛躍を遂げたロックバンドを挙げる時、シンガーズハイの名前を外すわけにはいかない。バンドの名を一躍広めた「ノールス」のブレイクのあとを「Kid」のヒットが追いかけ、膨大なライブの場数を踏みながらEP『DOG』を世に放ち、ついに届けられた1stフルアルバム『SINGER'S HIGH』。

◆シンガーズハイ 動画 / 画像

耳なじみの配信曲をずらりと揃え、初期の楽曲はこだわりの再録音を行い、新曲も詰め込んだ渾身の全12曲。「これがシンガーズハイだ」と胸を張る自信作について、内山ショート(G, Vo)、ほりたいが(G)、みつ(B)、りゅーいち(Dr)に語ってもらったインタビュー後編(前編はこちら)をお届けしたい。


   ◆   ◆   ◆

■レコーディングした音をみんなで聴いた時
■ギターソロが来た瞬間にみんなで大爆笑しました


──勢いたっぷりのアルバム前半から、中盤になるといろんなタイプの楽曲が増えてくる。「かすみ」、いいですね。エモーショナルな三連符のロックバラード。

内山:「かすみ」は、最初のリフがキモと言うか、個人的にこだわったところです。全音符でダーン、ダーンっていう、その一発一発が全体の最大音量と言うか、開放させる感じをなんとしても出したくて、ゆっくりな曲にも、そういうものをどうしても入れたくて。歌がないところにも、そういう演奏の楽しさみたいなものをどうしても入れてしまいたくなりますね。

ほり:この曲のギターソロに関しては、内山くんと一切やり取りはなかったです。自分のエゴでやりつつ、“内山くん、こういうの好きでしょ?”と思いながら作って、聴かせたら、「あ、いいじゃん」って言ってくれて。第一稿が通ったので、これでいいんだってなりました。


▲内山ショート(G, Vo)

──こういう曲を聴くと、ロックとかJ-POPとかはどうでも良くて、ただ“いい曲”って強いんだなと思ったりします。

内山:「かすみ」に関しては、三拍子で、寂しげな感じのメロディではあるんですけど、 どこかで暑苦しさを感じさせたくて、ライブでもそういう見方をされたいなと思っていて。ロードオブメジャーさんとか、そこらへんを意識したかもしれない。歌の、サビのハマり方的に、“こういう感じのことやってる人いたよな。そうだ、ロードオブメジャーだ”って。

──ある意味王道ですよね。日本のバンドのロックに脈々と流れているもの。

内山:王道で行く人が、減ってきているとは思うので。



──シンガーズハイだからできることもあると思います。そして「サーセン」は、リリックビデオも作っているし、もうひとつのリード曲という感じですかね。

みつ:間違いなく、違うところに連れていってくれる曲だと思います。

内山:アルバムの中で、一番音鳴りに振り切っている曲でもある。サビ、歌詞がないですからね。

──そうそう。“らーらったー”っていう、コーラスというか掛け声というか。なんでこういう構成になったんですか。

内山:アルバムの制作が、詰め詰めの状態のスケジュールだったこともあって。忙しい人はみんなやっていることではあるんでしょうけど、ライブもだんだんキャパが広がっていく中で、一個一個探りながら、新しく来る人たちのことを意識しながら、どういうふうにやっていこうか?ということを常に考えている中で、アルバム制作のほうも、まったく別の考え方で一個一個向き合わなきゃいけないということになると、明らかにキャパシティが足りてなくて。なかなか参ってた状態だったんですけど。

──ああー。そうでしたか。

内山:だから、“もうこのくらいのノリで許してくんないっすかね”って思っていた、その疲れがすごく出てる曲じゃないかと思います(笑)。

──なるほど(笑)。そんなキャパねーよっていう、それをそのまま曲にしちゃった。

内山:そこまで振り切っていったら、もう全部ノリで行ってやろうと思って、結果“サビの歌詞なんてなくていいんじゃないか?”ってなっちゃった。そのほうが、いい思考停止感が出せるんじゃないかな?と思ったので。


▲ほりたいが(G)

──それがこんなカッコいい曲になっちゃうんだから、すごいですよ。ギターソロも相変わらずカッコいいし。

ほり:これはアルバムの中でも上位に入る、カッコいいギターソロが弾けたと思います。レコーディングで、録ったやつをみんなで聴いた時、このギターソロが来た瞬間にみんなで大爆笑しました。

内山:「来るぞ来るぞ、キターッ!」って(笑)。

──なんか、話を聞いてると、以前よりもレコーディングが楽しそう。バンド内のコミュニケーションが盛り上がってますね。

みつ:各々できることが増えたというのもありますね。

内山:あと、合宿でずっとコミュニケーション取りながらやってたというのもあると思います。

ほり:食事も一緒だから、そのタイミングで「あそこをああしたほうがいいかな」とか。全然関係ない話もして、ちゃんと切り替えはあるんですけど、半分オンになってるというか、その感じが自分たちの肌に合ったのかなというのはあります。


──そして5曲目の新曲が「SHE」。これはちょっと不思議なリズムの、ゆったりとしたミドルバラード。

内山:これは、ギターの三拍子のリフから作りました。それにドラムを乗せる時に、ゆったり感を出すんだったら、ドラムは四拍子のほうが、ずれていく感じがいい具合にゆったり感じを出せるのかな?と思って、すごくシンプルなドラムのビートになりました。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報